「ビデオCD」の版間の差分

 
== 同様の形式 ==
本規格を改良し、映像を[[MPEG-2]]に対応させ、より圧縮率を高めた「[[スーパービデオCD]](SVCD)」も存在するほか、「[[KVCD]]」と呼ばれるものも存在する。これらは通常のビデオCDと比較してビットレートがかなり高く(最大2.6Mbps)、一枚あたり時間を上回はそれらの規格より短くな120(30以上もの映像を、DVDに近い品質でCDに収録する技術であり、程度)。NTSC・PALいずれにも対応している。また、圧縮率を高めることにより、ビデオCDと同程度の画質であれば6時間以上の映像を収録することもできる。これらの形式は正式に標準化はされていないが、既存技術の組み合わせであるため、ソフトウェアの設定次第で[[パーソナルコンピュータ|パソコン]]のCD-ROMドライブで再生できる。また、いくつかのDVDプレーヤーでも再生ができる場合がある。
 
そのほかにも[[中華人民共和国]]だけで普及している形式として、[[DVCD]]や[[ダブルビデオCD]]も存在する。
151

回編集