「満月」の版間の差分

月齢と十五夜を正確に。新月を注釈に。
(月齢と十五夜を正確に。新月を注釈に。)
 
'''満月'''(まんげつ)とは、[[月]]と[[太陽]]の[[黄道座標|黄経]]差が180度となること、あるいはその瞬間。これを'''望'''(ぼう)ともいう。またこの時に見られる月の形をも指す。これを'''望月'''(ぼうげつ・もちづき)、'''盈月'''(えいげつ)ともいう。
[[月齢]]は,13.8〜15.8であることが多く、平均では14.8である。[[月相]]は14。[[太陰暦]]では,十五日か十六日であることが多いので、満月の晩を'''十五夜'''とも呼んだ。満月は、ほぼ日没とともに東の空に昇り、明け方には西の空に沈むが、<ref>これ以降は月の出がおよそ50分ずつ遅くなる(即ち[[新月]]では、太陽と同じく朝に出てきて夕方には沈む)。</ref>
 
== 天文 ==
4,122

回編集