「ハウルの動く城」の版間の差分

編集の要約なし
(山寺宏一はハウルと関係ないので関連項目から削除)
'''ハウルの動く城'''(ハウルのうごくしろ)は[[ダイアナ・ウィン・ジョーンズ]]の[[ファンタジー]][[小説]]を原作とした、[[宮崎駿]]監督による[[スタジオジブリ]]の[[アニメ|長編アニメーション]][[映画]]もしくは、その作品に出てくる[[城]]。
 
* [[2004年]][[11月20日]][[日本]]公開。
* 英語版のタイトルは''Howl's Moving Castle''。
 
==概要==
原作には無かった[[戦争]]を付け加えるなど原作のストーリーを大幅に改編してあり、特に後半は原作とは全く違った展開になっている。原作者はこれを全て了承するどころか賞賛した。
 
ハウルの声優に、人気アイドルSMAPの「[[木村拓哉]]」を起用するなど、アニメを敬遠しがちな女性にも、劇場に足を運ばせる原動力となった。
 
これまでのジブリ作品が、ある特定の年齢層をターゲットとしてきたように、本作は「中高年」をターゲットに取り込もうとする試みが、随所に見られる。主人公は老婆の姿であり、街は不便なことが多い。これらはやがて来る、自分達の将来の姿であり、「[[バリアフリー]]」や介助などの必要性を説いている。
 
しかし、主人公が老婆という設定や、不鮮明なテーマなど、幼児~学生にとっては難解な作品になってしまったのは否めない。ストーリー的に、ラストの戦争シーンなどで無理やり終結させてしまった部分もあり、これらの点から前作を越えられず、多くの映画賞などを逃す結果となった。
 
{{ネタバレ}}
 
==あらすじ==
荒地の[[魔女]]による[[魔法]]で、90歳の老婆にされてしまったハッター[[帽子]]屋の娘で18歳のソフィー。「ここにはもういられない」とソフィーは[[女性]]の[[心臓]]を食らうという[[魔法使い]]、ハウルの動く城に入り込む。そこで、[[火]]の[[悪魔]]であるカルシファーとハウルとの契約を破れば姿を元に戻すという契約を結ぶ。
 
==興行と賞歴==
公開2日目で観客動員数110万人、興行収入14億8,000万円を記録。これは日本映画歴代最高のオープニングである。
 
2005年5月1日までに観客動員数1500万人を動員し、興行収入は196億円を記録。[[千と千尋の神隠し]](1位)・ハウルの動く城(2位)・[[もののけ姫]](3位)と、日本国内の興行収入歴代記録の上位を宮崎駿作品が独占している。第33回[[アニー賞]]映画部門作品賞候補作五作品の一つとしてノミネートされた[http://www.annieawards.com/foryourconsideration.htm]ことに続き、千と千尋の神隠し以来となる第78回[[アカデミー賞]]のノミネートされたが、両者とも受賞は逃した。
* 第61回[[ヴェネチア国際映画祭]]オゼッラ賞
* 平成16年度[[文化庁メディア芸術祭]]・アニメーション部門優秀賞
* 第59回[[毎日映画コンクール]]・日本映画ファン賞
* シッチェス国際映画祭・観客賞
* 東京アニメアワード2005・アニメーションオブザイヤー・監督賞・声優賞・音楽賞
* 第9回ハリウッド映画祭・ベストアニメーション賞
* ニューヨーク映画批評家協会・最優秀アニメ賞
* サンディエゴ批評家賞
 
==キャッチコピー==
*「ふたりが暮らした。」
*「この城が動く。」
*「生きる楽しさ。」
*「愛する歓び。」
 
==声の出演==
*ソフィー:[[倍賞千恵子]]
*ハウル:[[木村拓哉]]
*荒地の魔女:[[美輪明宏]]
*カルシファー:[[我修院達也]]
*マルクル:[[神木隆之介]]
*小姓:[[伊崎充則]]
*カブ:[[大泉洋]]
*国王:[[大塚明夫]]
*ヒン:[[原田大二郎]]
*サリマン:[[加藤治子]]
 
==スタッフ==
*原作:[[ダイアナ・ウィン・ジョーンズ]](『[[魔法使いハウルと火の悪魔]]』より)
*脚本・監督:宮崎駿
*作画監督:山上明彦、稲村武志、[[高坂希太郎]]
*美術監督:武重洋二、吉田昇
*音楽:[[久石譲]]
*効果:野口透([[アニメサウンドプロダクション|アニメサウンド]])
*制作:スタジオジブリ
*配給:[[東宝]]
*主題歌:「世界の約束」
**歌詞:[[谷川俊太郎]]
**作曲:[[木村弓]]
**編曲:[[久石譲]]
**歌:[[倍賞千恵子]]
 
==ビデオ・DVD==
2005年[[11月16日]]に発売。発売元は[[ブエナビスタ (ウォルト・ディズニー・カンパニー)|ブエナ ビスタ ホーム エンターテインメント]]。
 
DVDは「通常版」(2枚組)・「特別収録版」(4枚組)・「ハウルの動く城&ジブリがいっぱいSPECIALショートショート ツインBOX」(DVD3枚・CD1枚)が同時発売。VHSは1種類。
 
なお、ビデオ・DVDのテレビ[[コマーシャル]]は木村拓哉・美輪明宏・[[養老孟司]]の対談形式で11パターンが放送された。発売当日には[[日本テレビ]]系列でその11種類に加えて60秒バージョンのCMが一挙放送された。
==関連項目==
*[[ダイアナ・ウィン・ジョーンズ]]
*[[宮崎駿]]
 
==外部リンク==
*[http://www.howl-movie.com/ 『ハウルの動く城』公式サイト]
 
* [http://disney.go.com/disneypictures/castle/ Howl's Moving Castle](英語。US Official Website at Disney Online)
* [http://www.nausicaa.net/miyazaki/howl/ Howl's Moving Castle](英語。at Nausicaa.net)
* [http://www.imdb.com/title/tt0347149/combined Hauru no ugoku shiro](英語。at [[IMDb]])
* [http://www.mrqe.com/lookup?Howl%27s+Moving+Castle Hauru no ugoku shiro](英語。at [[:en:Movie Review Query Engine|MRQE]])
 
=== ディレクトリ ===
* Yahoo!: [http://dir.yahoo.com/Entertainment/Movies_and_Film/Titles/Animation/Anime/Howl_s_Moving_Castle/ Howl's Moving Castle]
 
[[Category:日本のアニメ映画|はうるのうこくしろ]]
[[Category:スタジオジブリ|はうるのうこくしろ]]
[[Category:2004年の映画|はうるのうこくしろ]]
 
[[ar:قلعة هاول المتحركة]]
[[de:Das wandelnde Schloss]]
[[en:Howl's Moving Castle]]
[[fr:Le Château ambulant]]
[[it:Il castello errante di Howl]]
[[no:Det levende slottet]]
[[pt:Hauru no ugoku shiro]]
[[sv:Det levande slottet]]
[[th:ฮาวล์สมูฟวิงแคสเสิล]]
[[zh:哈尔移动城堡]]
匿名利用者