「ボイスオーバー」の版間の差分

特記なければ日本に限定せずとも良いのでは (WP:JPOV)
(+{{疑問点}}・{{要検証}})
(特記なければ日本に限定せずとも良いのでは (WP:JPOV))
{{redirect|ヴォイス・オーヴァー|映画映像の用語|ヴォイス・オーヴァー (映画映像の用語)}}
'''ボイスオーバー'''('''voice-over'''、'''V.O.'''、'''VO''')とは、{{疑問点範囲|映画やテレビなどにおいて、画面に現れない話者の声([[語り手]]による叙述など)を用いる表現手法である|date=2014年5月|title=英語ではこの意味であり、大辞泉 http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/200848/m0u/ にもこの語義の説明があるが、日本語において後述の「翻訳音声におけるボイスオーバー」以外を意味することがあるか、疑わしい。}}
 
== 翻訳音声におけるボイスオーバー ==
ニュース番組やドキュメンタリーなどの翻訳音声の編集において、原語の音声を小音量でしつつ、翻訳された音声を流すときボイスオーバーで重ねる手法がある。{{要検証範囲|これは本人による発話を模す[[吹き替え]]とは異なり、画面外[[リップシンク]]でなかったり、同一担当者が複数人物通訳の存在音声感じさせる担当しめ|date=2014年5月}}ひいては原語と性別が異なるうした表現手法ボイ、場合によっては許容される<ref>Jessica Rietveld (2008) 'The Mind of a Subtitler: Translation Strategies Employed in Subtitling Crime and Comedy'.</ref>。[[日本]]や[[アメリカ]]では[[ニュー]]や[[ドキュメンタリ]]でのインタビュと呼ぶ場面など情報を伝える目的で用いられる手法であるが、[[ロシア]]や[[ポーランド]]においては映画の翻訳でも用いられる
 
現在、[[海外ドラマ]]や外国[[映画]]の日本語版音声では吹き替えが使われるのが一般的だが、[[1950年代]]に始まった海外ドラマ放送の黎明期では日本語吹き替えではなく、原語音声を流しながら解説のような形で日本語をかぶせるボイスオーバーの手法も使われていた。しかし原語音声のために日本語音声が聞き取りづらくなる弊害のため、すぐに日本語だけの吹き替えになった<ref>阿部邦雄編著『TV洋画の人気者 声のスターのすべて』[[近代映画社]]、1979年、p.261。声優の[[中村正 (声優)|中村正]]のインタビューでの証言。</ref>。その後はボイスオーバーは、ニュースやドキュメンタリーで使われることがほとんどだが、[[2003年]]公開の映画『[[ラストサムライ]]』DVD版の日本語吹き替え音声のように例外的にボイスオーバー形式が採用されるものもある。
 
== 出典 ==