「エマ・オブ・ノーマンディー」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
[[ファイル:British.Library.MS.Add.33241.jpg|right|280px|thumb|『Encomium Emmae』。11世紀に[[ラテン語]]で書かれたイングランド王妃エマへの賛辞]]
'''エマ'''('''Emma''', [[985年]]頃 - [[1052年]][[3月6日]] [[ハンプシャー]]、[[ウィンチェスター (イングランド)|ウィンチェスター]])は[[ノルマンディー公]][[リシャール1世 (ノルマンディー公)|リシャール1世]]とその2番目の妻[[:en:Gunnora, Duchess of Normandy|グンノーラ]]の娘で、2度の結婚で2度続けて[[イングランド]][[王妃]]となった。最初の夫は[[エゼルレッド2世 (イングランド王)|エゼルレッド2世]]で、2度目の夫は[[クヌーズ1世 (デンマーク王)|クヌーズ]]。2人の夫ともうけた子供たちのうち、それぞれから1人ずつが後に[[イングランド王]]になった。クヌーズ1世との子[[ハーデクヌーズ]]と、エゼルレッド2世との子[[エドワード懺悔王]]である。さらに、兄ノルマディー公[[リシャール2世 (ノルマンディー公)|リシャール2世]]の孫[[ウィリアム1世 (イングランド王)|ウィリアム1世]]もイングランド王となった。
 
==生涯==