「上申書殺人事件」の版間の差分

告発されていた3つの殺人事件の内、日立市ウォッカ事件が[[保険金殺人]]として刑事裁判となった。
 
裁判の結果、首謀者である「先生」は無期懲役、上申書を出した元暴力団組員は懲役20年(別事件で死刑確定)、被害死亡者家族3人に懲役13~15年が言い渡された。また、死亡保険金が振り込まれた口座を不正開設した詐欺罪で被害死亡者家族2人が懲役1年執行猶予3年となった。
 
また、事件捜査中の2006年12月31日に、殺人事件の依頼を仲介したとされる工務店経営者(当時52歳)が交通事故死している。
17,180

回編集