「デニス・ウィーバー」の版間の差分

編集の要約なし
1952年にはウィーバーが[[ユニバーサル映画|ユニバーサル・スタジオ]]から契約を得るのをウィンタースが手伝った。同年『''The Redhead from Wyoming''』で映画デビューする。続く三年の間、一連の映画に出演したが、家族を養うための日雇い仕事は継続しなければならなかった。彼が俳優の仕事で大きな成功を得たのは日雇い仕事の一つ、花の配達を行っている間のことであった。アメリカのテレビ史上最も長期間(1955 - 1975)放映された『ガンスモーク』でのチェスター・グード役で高く評価され、1959年には[[エミー賞]]最優秀助演男優賞を受賞した。
 
1958年には[[オーソン・ウェルズ]]の『[[黒い罠]]』で型破りな脇役を演じた。同作中で彼は「"I'm the night watchman."」と神経質に繰り返した。
 
== プライベート ==
===映画===
*十人のならず者 ''Ten Wanted Men'' (1955)
*[[黒い罠]] ''Touch of Evil'' (1958)
*スレッジ ''Sledge'' (1969)
*マリン・クラッシュ ''Submerged'' (2000)
17,010

回編集