「ノース 小さな旅人」の版間の差分

編集の要約なし
何をやっても優秀、スポーツ万能、容姿端麗、の3点セットが揃った文句のつけようがない主人公ノース([[イライジャ・ウッド]])。誰もが羨む100点満点のノースだが、そんな彼にも一つだけ悩みがあった。自分に全く興味がなさそうな父([[ジェイソン・アレクサンダー]])と母([[ジュリア・ルイス=ドレイファス]])だ。互いに共働きでしょっちゅう喧嘩をし、相手の話を聞こうともせず、自分の話で夢中になる2人を見て、溜息をつく毎日を送っていたノースはある日偶然立ち寄ったショッピング・モールの家具売り場で、ピンク色のコスチュームを着たウサギ男([[ブルース・ウィリス]])に出会う。男はにんじんをかじりながら、深刻に悩むノースに対し冷静に耳を傾ける。そして男の発した一言により、フリーエージェント制を思いついたノースは、早速それをその場で宣言。同級生の新聞記者ウィンチェルに事を話すとそのことが全世界にまで流されたことで、全世界から『ぜひ我が子に!』というオファーが殺到する。そんなオファーの中からいくつか選びぬいたノースは、自分にとって最高の両親を見つけるべく、道のりの長い親捜しへ旅立つのだった。
 
しかし、どの両親候補にもノースは満足しない。そして、一番はやはり自分の両親であることを覚る。しかし、ウィンチェルはノースが両親の元へ帰らないように画策していた。ノースの両親が反省し撮影した謝罪ビデオが、ウィンチェルにより編集され、決別ビデオとなってノースに届く。選び抜いたネルソン家の養子になることを決意するが、打ち解けられずに逃げ出したノースをウェインチェルは殺し屋を雇う。家にたどり着いたノースにウサギ男に似た男は両親はショッピング・モールにいることを伝える。FA期限まであと数秒というところでノースは両親と再会するが、殺し屋がノースへ向けて発砲する。ノースが目を覚ましたとき、ショッピング・モールのソファに座っていた。
 
== キャスト ==
[[Category:1994年の映画]]
[[Category:アメリカ合衆国のコメディ映画]]
[[Category:アメリカ合衆国のファンタジー映画]]
[[Category:コロンビア映画の作品]]
[[Category:ロブ・ライナーの監督映画]]
17,010

回編集