「復興号」の版間の差分

編集の要約なし
'''冷気対号'''であり、[[キョ光号|{{lang|zh|莒}}光号]]に連結されて運行し'''[[キョ興号|{{lang|zh|莒}}興号]]'''と称された。[[1981年]]運行管理の利便化を目的に{{lang|zh|莒}}興号より分離されることとなり、{{lang|zh|莒}}興号の「冷気対号」が復興号となった。
 
また車輌等級以外に鉄道運賃計算では4種類の運賃体系の中で三番目の運賃等級の名称として使用されている。[[2007年]]現在、運賃は1kmあたり1.46[[ニュー台湾ドル|NTD]]である。このほか、[[通勤電車 (台湾)|通勤電聯車]]、[[冷気柴客|支線冷氣柴油車]]も当該等級での運賃計算を行い、切符上には「復興/電車」と印字表示されている。[[2006年]][[11月1日]]、台鉄は電車の等級を廃止し、不対号の復興号及び[[通勤電車 (台湾)|電車]]を[[区間車]]として統合し、運賃は復興号の運賃体系に基づき計算されている。
 
== 概要 ==
[[2010年]][[12月22日]]のダイヤ改正で一度廃止されたが、2011年2月に東部幹線の花蓮~宜蘭間で再び運行を開始した。4月より樹林~台東間での運行も始まる。
 
== 運行況 ==
[[File:TRA FUXING PASSANGER CAR 40SPK2000.JPG|thumb|復興号40SPK2000]]
*[[2006年]]初、機関車に牽引される復興号車輌は150輌運行されている。
== 特色 ==
{{lang|zh|莒}}光号と同一の52座席車輌に60席を配置しているため座席間隔が狭く、また窓の配置との齟齬が生じている。
 
== 日本における相当種別 ==
日本国外の列車は日本の列車種別を明確に当てはめることは難しいが、当列車は[[日本国有鉄道]](国鉄)の[[準急列車]]に相当する列車種別として扱われることがある。ただし運賃制度上は座席指定の有無以外は[[区間車|区間車・区間快車]]と同格であるため<ref>[[交通新聞社]] 『トラベルMOOK 台湾鉄道パーフェクト』p.18</ref>、全席指定の[[快速列車]]に相当する場合もある<ref>[[東京堂出版]] 谷川一巳『普通列車の謎と不思議』p.251 - 252</ref>。
 
== 諸元 ==
[[1990年代]]以前、台鉄車輌は鉄路管理局内で統一された名称が存在せず、切符上の名称と運行の名称が異なっていた。復興号には「復興号特快」、「復興特快」や「客乙」等の名称が使用されていた。1990年代、台鉄がオンライン発券システムを導入した後、名称が次第に統一される傾向があり、[[1993年]][[12月1日]]に正式に「特快」が削除され「復興号」の統一名称が誕生した。ただし「客乙」の名称は運行部門内部資料で現在も使用されている。
 
== 関係項目脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
*[[自強号]]
*[[キョ光号|{{lang|zh|莒}}光号]]
匿名利用者