「実効値」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 4 件をウィキデータ上の d:Q369180 に転記)
'''実効値'''(じっこうち, effective value, root mean square value, ''RMS'')は、[[交流]][[電圧]]又は[[電流]]の値の表現方法の一種である。[[交流]]電圧を抵抗負荷に加えた場合と、ある[[直流]]電圧を加えた場合とで交流電圧の1周期における平均[[電力]]が等しくなるときに、この交流電圧は先の直流電圧と同じ値の実効値をもつと定義される。交流電力の計算に使用される電圧・電流は普通は実効値で表される。
 
==正弦波交流の最大値との関係==
[[電気抵抗]]成分を ''R'' ([[オーム|&Omega;]])、加える電圧の瞬時値を ''v(t)'' ([[ボルト (単位)|V]])、最大値(波高値と称する場合もある)を ''V<sub>m</sub>'' (V)、実効値を ''V<sub>e</sub>'' (V)、平均値を ''V<sub>av</sub>'' (V)、流れる電流の瞬時値を ''i(t)'' ([[アンペア|A]])、最大値を ''I<sub>m</sub>'' (A)、実効値を ''I<sub>e</sub>'' (A)、平均値を ''I<sub>av</sub>'' (A)、[[電力#有効電力|有効電力]]の瞬時値を ''P(t)'' ([[ワット|W]])、平均値を ''P<sub>R</sub>'' (W)、[[交流]]の[[角速度]](角振動数または角周波数)を ''&omega;'' ([[ラジアン|rad]]/[[秒|s]])、周期を ''T'' とする。
 
==正弦波交流の最大値との関係==
有効電力の平均値は、電流と電圧の積の平均であるから電気抵抗と電流を使うと次のようになる。
{{Indent|