「パナマの歴史」の版間の差分

better image quality and composition (GlobalReplace v0.3)
(better image quality and composition (GlobalReplace v0.3))
== コロンビアとしての独立とアメリカ合衆国の関心 ==
{{See also|近代における世界の一体化#ラテンアメリカ諸国の独立}}
[[ファイル:Simón_Bolívar_2Bolivar Arturo Michelena.jpg|right|thumb|220px|[[解放者]][[シモン・ボリーバル]]]]
[[ファイル:Ferdinand de Lesseps.jpg|right|thumb|200px|[[フェルディナン・ド・レセップス]]]]
1808年に、[[フランス帝国]]の[[ナポレオン・ボナパルト]]が兄の[[ジョゼフ・ボナパルト|ジョゼフ]]を[[スペイン王]]ホセ1世に据えると、それに反発する住民暴動から、[[スペイン独立戦争]]が勃発。インディアス植民地はホセ1世への忠誠を拒否し、独立のための戦いが始まった。[[ベネスエラ]]の[[カラカス]]出身の[[解放者]][[シモン・ボリーバル]]は不屈の闘争の末に、1819年8月にボヤカの戦いに勝利してヌエバ・グラナダを解放すると、1821年にはカラボボの戦いに勝利し、ベネスエラの解放を不動のものにした。同年11月28日、パナマはボリーバルの主催する[[大コロンビア]]の一部としてスペインから独立した。1826年にはボリーバルの呼びかけで[[米州]]の相互防衛と将来的な統一を訴える[[パナマ会議]]がパナマ市で開催されたが、この会議は失敗に終わった。コロンビアによる支配への不満から反乱が発生するようになった。
52

回編集