「穴山清五郎」の版間の差分

編集の要約なし
(新規)
 
編集の要約なし
 
== 信懸殺害に関しての理由 ==
穴山信懸の娘は当時の甲斐[[武田氏|武田家]]の本拠地である川田に居住しており(『[[菊隠録]]』)、この娘は[[武田信昌]]か武田家の有力家臣に嫁いでいたのではないかと推測され、信懸は武田家と友好関係にあった<ref name="柴辻p58"/>。しかし信懸は[[今川氏親]]、[[北条早雲]]らとも親密な関係を保っていた事が確認され(『[[今川本太平記]]』)、信懸は武田・今川と両属の関係にあり、このような中で信虎との関係をどうするかで信懸・清五郎が対立したと見られる<ref name="柴辻p58"/>。
 
信懸の死後、信風は武田家との従属関係を解消し、[[今川氏|今川家]]に従属した<ref name="柴辻p59"/>。そして2年後の今川氏親の甲斐侵攻にも協力している<ref name="柴辻p58"/>。
981

回編集