「ユーザーエージェント」の版間の差分

で始まるユーザーエージェント文字列を使っていたことである<ref>ここでいう''Mozilla''はNetscape Navigatorのコードネームである。その後、[[オープンソース]]ソフトウェアとして公開された[[Mozilla Application Suite|Mozilla]]とは別のものであることには注意。</ref>。これは、その開発当時Internet Explorerの主たる競合者だった[[Netscape Navigator (ネットスケープコミュニケーションズ)|Netscape Navigator]]用に設計された内容を受け取るためだった。その後、[[ブラウザ戦争]]においてMicrosoft Internet Explorerが優位を占めて来たために、このユーザーエージェント文字列のフォーマットは、部分的に他のユーザーエージェントによってコピーされていった。
 
Internet Explorerが市場のトップシェアを占めたとき、 [[Mozilla Firefox]] 、 [[Safari]] や [[Opera]] のようなライバルは、Internet Explorerの最新版を装うなど、ユーザーエージェントなどの情報をユーザー側の操作で変更できるシステムを採用した。例えば Firefox や Safari のような一部のブラウザはそれらが偽装しようとしているユーザーエージェント文字列を正確に複写する(Mozilla Firefoxの場合デフォルトでは詳細な設定値を直接変更しなければならないが、User Agent Switcherという拡張機能によりメニューからユーザーエージェントの設定を操作することが出来るようになる)。この方法を用いることでInternet Explorerではないブラウザの利用を拒むサイトも一部閲覧できるようになる場合がある<ref>ただし機能をInternet Explorerに特化させている場合があるため必ずしも正常に利用できるとは限らず、閲覧は出来ても主な機能はInternet Explorerでしか利用できないと言ったケースも存在する。</ref>。ただし、ユーザーエージェントを書き換えたサポート外のシステムから[[電子政府]]システムや[[オンラインバンキング]]などの会員制サイトを利用し、サーバのデータに破損等が生じた場合には、[[信用毀損罪・業務妨害罪|電子計算機損壊等業務妨害罪]]に問われ、刑事罰の対象となる可能性もある
 
また、Operaの場合偽装時にはユーザーエージェント文字列を複写するが、その文字列の最後に本物のブラウザ名を加える。後者のアプローチでは、当然ながら文字列は3つの名前とバージョンを含んでいることになる。最初に、ユーザーエージェントは「Mozilla」(すなわちNetscape Navigator)、それから、「MSIE」(Internet Explorer)、そして最後に「Opera」のような本当の正体を主張する。ただしこの方法では末尾のOperaという文字列を検索されInternet Explorerではないと判別されるケースがあるため、完全にInternet Explorerとして偽装する機能がバージョン8まで隠し機能として装備されており、バージョン9以降では[[グラフィカルユーザインタフェース|GUI]]からの操作機能が加わった。
匿名利用者