「式三番」の版間の差分

m
→‎歴史と原形態: 南北朝時代 (日本)|
m (→‎歴史と原形態: 南北朝時代 (日本)|)
また、右の『春日臨時祭記』に拠れば、式三番の役々は「児、翁面、三番猿楽、冠者、父允」の五役であったとされており、その形態は現在のものと比較して大いに異る。すなわち、「児(ちご)」は千歳に、「翁面」は翁に、「三番猿楽(さんばさるがく)」は三番叟に対応するとして、「冠者」と「父允(ちちのじょう)」は通常の現行形態には存しない役であり、おそらくは式三番の[[小書]]に残る父尉と延命冠者を指しているのだと思われる。この点について推測するに、本来の式三番は、(1)翁と翁の露払役である稚児(千歳)、(2)露払(鈴之段)と本体(揉之段)を一人兼ねる三番叟、に加えて、(3)[[父尉]]とその露払役である[[延命冠者]]、の三組が出てきて、それぞれ若者の露払の舞の後、本体たる老人の神が祝言の謡と舞を披露する芸能ではなかったかと考えられる。おそらく式三番という名称も、[[江戸時代]]以来の[[口伝]]にいうような千歳、翁、三番叟の三役を指すものではなく、本来は右の(1)~(3)を指していたものであろう。
 
[[観阿弥]]・[[世阿弥]]によって能が大成される直前の[[鎌倉時代]]末期ごとまでは、式三番が猿楽および猿楽座の中心を成す演目として捉えられ、その権威を認められていたであろうことについてはいくつかの傍証がある。『[[世子六十以後申楽談義]]』などの記述に従えば、鎌倉時代最末期から[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]にかけては、「長」と呼ばれる[[一座]]の[[長老]]が翁を担当し、あわせて座を裁量していたごとくに思われ、時代が下るに従って翁猿楽以外の能が世人の愛好を受けるようになると、座のなかで長を中心とする翁猿楽のグループと[[太夫]]を中心とする猿楽(能)のグループに、その職能が分担されていったらしい。しかし、後には、一座の[[棟梁]]たる[[役者]]の権威を示す役として式三番の翁が重視されていたこともあり、人気や貴顕の庇護を背景に太夫の地位にある者が翁を舞うことも次第に多くなっていったらしい。
 
長の地位にある役者以外ではじめて式三番の翁を勤めた者として、記録にその名を留めているのは観阿弥である。観阿弥は[[永和]]元年([[1375年]])もしくはその前年に、[[洛中]][[今熊野]]における演能において翁を勤め、専門以外の役者による式三番の上演に先鞭をつけた。その次の世阿弥の世代になると、猿楽
地  「万歳楽。
(以下三番叟は通常と同じ)
 
 
== 詞章 ==
5,770

回編集