「穴山信風」の版間の差分

編集の要約なし
(新規)
 
編集の要約なし
| 特記事項 =
}}
'''穴山 信風'''(あなやま のぶかぜ)は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[武将]]。[[甲斐国|甲斐]][[武田氏|武田家]]の[[家臣]]。甲斐河内の領主[[国衆]]ある穴山家の当主。[[穴山信君]]の祖父。
 
== 生涯 ==
諸系図に拠れば、穴山信懸の子とされる<ref name="柴辻p189"> 柴辻俊六 編『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.189</ref>。諱に関しては諸系図では'''信風'''、も、『甲斐国志』で典拠は不明であるが'''信綱'''(のぶつな)とされているが、これらは同時代の史料からは確認できない<ref name="柴辻p189">平山(2011)、p.22</ref>。近年、[[高野山]][[桜地院]]から発見された年未詳5月14日付の文書(『[[武将文苑]]』、『戦国遺文 武田氏編』 - 4315号)では[[出家]]後の法号で'''武田甲斐入道義貞'''と名乗っていた事が確認されている。また、高野山成慶院の寛文6年(1666年)成立の『檀那御寄進状并消息』でも「義貞」の諱が記録されている。受領名は'''甲斐守'''<ref name="柴辻p189"/>。
 
穴山氏では[[永正]]10年([[1513年]])5月に父の信懸が信風の兄弟である清五郎に[[暗殺]]されたためる事件が発生しており(『[[勝山記]]』)、その清五郎を殺害して[[家督]]を相続した<ref name="柴辻p59"> 柴辻俊六 編『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.59</ref><ref name="柴辻p189"/>。信風は[[駿河国|駿河]]の[[今川氏親]]に従属し、永正12年([[1515年]])の[[今川氏|今川]]軍による甲斐侵攻にも協力した(『改訂南部町誌』上巻)。
 
今川氏親が[[遠江国|遠江]]情勢のために[[武田信虎]]と和睦して甲斐から退去すると<ref name="柴辻p60"> 柴辻俊六 編『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.60</ref>、信虎に攻められて[[大永]]元年([[1521年]])に降伏し、信虎に従属した<ref name="柴辻p189"/>。
 
享禄4年(1531年)3月12日に死去し<ref name="柴辻p189"/>、家督は嫡子の信友が継いだ<ref name="柴辻p190"> 柴辻俊六 編『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.190</ref>。
 
墓所は山梨県身延町の竜雲寺。
 
== 脚注 ==
;書籍
* [[柴辻俊六]] 編『武田信虎のすべて』([[新人物往来社]]、2007年) ISBN 978-4-404-03423-6
* [[平山優 (歴史学者)|平山優]]『穴山武田氏 [[中世武士選書]]5』戎光祥出版、2011年
;史料
* 『改訂南部町誌』
* 『武将文苑』
* 『勝山記』
15,507

回編集