「プリンスリーギフト」の版間の差分

m
「馬から落馬」的表現の修正(「輩出」という語自体が多数という意味を含む)
m (「馬から落馬」的表現の修正(「輩出」という語自体が多数という意味を含む))
大種牡馬[[ナスルーラ]]とイギリスで3勝したブルージェムの間に生まれ、競走馬としては[[1953年]]から[[1956年]]に23戦して9勝。勝ち鞍はクリアウエルステークス、モールトンステークス、[[チャレンジステークス]]、[[ハンガーフォードステークス]]、ポートランドハンデキャップなど。ほかに[[ジュライステークス]]2着などがある。総獲得賞金は6,673[[スターリング・ポンド|ポンド]]であった。
 
1956年に引退し種牡馬入りすると、ナスルーラの後継種牡馬の一頭となった。[[1966年]]にはイギリスの2歳種牡馬ランキング3位、翌1967年には2位に付ける。[[産駒]]の傾向として、フロリバンダ、ファバージ、キングストループ、サンプリンセス、ソーブレスドなど早熟で短距離が得意な馬を多数輩出した。
 
プリンスリーギフトの仔は、[[テスコボーイ]]、[[ファバージ]]、[[バーバー (競走馬)|バーバー]]らが[[日本]]に輸出され大成功した。これらの成功を受け日本のサラブレッド生産界は、プリンスリーギフト産駒、さらには[[ラインゴールド]]や[[ボイズィーボーイ]]などプリンスリーギフトの孫世代にあたる種牡馬まで次々に輸入した。その数は20頭以上にのぼる。その結果、日本では一時的にプリンスリーギフトの血を持つ馬が増加したが、日本以外の国では、プリンスリーギフトの血を持つ馬は希少となった。