「赤報隊」の版間の差分

編集の要約なし
薩摩藩の[[西郷隆盛]]や公家の[[岩倉具視]]の支援を得て、[[1868年]]([[慶応]]4年)[[1月8日 (旧暦)|1月8日]]に[[近江国]]松尾山の金剛輪寺において結成される。隊長は[[相楽総三]]で、公家の[[綾小路俊実]]、[[滋野井公寿]]らを盟主として擁立する。隊の名前は「赤心を持って国恩に報いる」から付けられた。一番隊、二番隊、三番隊で構成されていた。
 
相楽総三は、薩摩藩邸の浪士隊の総裁として、[[下野国|下野]]や[[相模国|相模]]、[[江戸]]市内において旧幕府軍に対する挑発的行為として工作活動などを行い、これが[[戊辰戦争]]の最初の戦いである[[鳥羽・伏見の戦い]]のきっかけにもなった。
 
赤報隊は新政府の許可を得て、東山道軍の先鋒として、各地で「年貢半減」を宣伝しながら、[[世直し一揆]]などで旧幕府に対して反発する民衆の支持を得た。しかし、新政府は「官軍之御印」を出さず、文書で証拠を残さないようにした。そして、新政府は財政的に年貢半減の実現は困難であるとして密かに取消し、年貢半減は相楽らが勝手に触れ回ったことであるとして、公家の[[高松実村]]を盟主としていた[[高松軍]]とともに'''偽官軍'''の烙印(同年[[2月10日 (旧暦)|2月10日]]付け「回章」)を押した。