「ペリリュー島」の版間の差分

m
ペリリュー島、項目設置。fr:Peleliu (île) 20 février 2014 à 10:55‎ 版も参考にした
m (ペリリュー島、項目設置。fr:Peleliu (île) 20 février 2014 à 10:55‎ 版も参考にした)
[[ファイル:Peleliu map.jpg|thumb|地図]]
#REDIRECT [[ペリリュー州]]
'''ペリリュー島'''は[[パラオ]]の[[島]]。パラオ諸島の主要な島のひとつで、パラオの主要諸島の南西部に位置する。ペレリウ、ペリリウなどとも。
 
北東にカープ島や[[ロックアイランド]]をはさんで旧首都[[コロール島]]や現首都[[バベルダオブ島]]があり、さらに南西に[[アンガウル島]]が存在する。面積はおおよそ13km<sup>2</sup>、標高は最大で50m。[[ペリリュー州]]に属しており、同州の住民の多くがこの島に居住しており、州の中心となっている。島内にはKloulklubed、Ongeuldel、Imelechol、Lademisangの4つの村落があるが、Lademisang以外は北部に集中しており、多くの住民がKloulklubedに居住する。
 
[[第二次世界大戦]]時には[[太平洋戦争]]の[[ペリリューの戦い]]の中心地となり激しい戦闘が行われた。島内で決戦を行った日米軍の遺構が多く残され、壊滅した旧[[日本軍]]の[[歩兵第2連隊|歩兵第2]]・[[歩兵第15連隊|第15連隊]]や[[艦船]]及び[[航空機]]、[[戦車]]、現地民間人等の戦没者墓苑がある。
 
== 交通 ==
島への交通は船や航空機があり、チャーターでの利用のほか、船は週に2度程度の頻度で定期便が出ている。飛行場としては太平洋戦争当時から存在する{{仮リンク|ペリリュー飛行場|en|Peleliu Airfield}}が利用されている。港は北部に存在するが、水深が浅いために寄港できるのは小型の舟に限られており、日本は港湾の整備のために無償資金協力を行っている<ref>{{citeweb|url=http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/17/rls_1219a.html|title=パラオの「ペリリュー州北港整備計画」に対する無償資金協力について|publisher=[[外務省]]|date=2005-12-29|accessdate=2014-06-03}}</ref>。
第二次世界大戦時には北に隣接する[[ガドブス島]]と橋で結ばれていたが、戦闘で失われ現在はなくなっている。
 
== 観光 ==
ガドブス島などに近い北西の海域がパラオでも有数のダイビングスポットとなっているほか、第二次世界大戦時の戦跡や戦没者墓苑などが存在する。同島中央部には[[ペリリュー神社]]が存在する。
 
== ギャラリー ==
<gallery>
File:Peleliu island north dock.JPG|ペリリュー島ノースドック(2006年10月4日撮影)
File:ぺリリュー島メインストリート.JPG|ペリリュー島のメインストリート(2010年3月27日撮影)
File:City at Peleliu.JPG|ペリリュー島の市街地
File:ぺリリュー島教会.JPG|ペリリュー島内にある教会(2010年3月27日撮影)
File:95式軽戦車パラオ.JPG|ペリリュー島に遺棄された[[九五式軽戦車]](2010年3月27日撮影)
File:American Wordl War II Tank at Peleliu.JPG|同じく遺棄された米軍の戦車
File:Japanese World War II warplane at Peleliu.JPG|日本軍の航空機の残骸
File:Kyuunihongun shireibuato.JPG|旧日本軍司令部跡
File:An Entrance to the Thousend Men Cave at Peleliu.JPG|日本軍が抵抗に利用した千人洞窟
</gallery>
 
== 註 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
#REDIRECT *[[ペリリュー州]]
 
{{PW-stub}}
{{デフォルトソート:へりりゆとう}}
[[Category:ペリリュー州]]
[[Category:パラオの島]]