「人喰いの大鷲トリコ」の版間の差分

=== 開発の難航とリリース延期 ===
当ゲームは前述の通り、2010年9月に発売時期を一旦「2011年冬」と発表していたが、翌年4月に再び「発売未定」となった。[[SCEワールドワイド・スタジオ|SCE WWS]]代表取締役の[[吉田修平]]によると、2010年の発売時期発表の段階では開発に一定のめどがたっていたが、その後技術的な困難が発生。結局既に完成していた基幹部分をいくつか作り直すこととなり、再び「発売未定」となったという<ref>[http://gs.inside-games.jp/news/353/35307.html GC12:SCE吉田氏が『人喰いの大鷲トリコ』の近況や延期の経緯を説明 - Game*Spark]</ref>。
 
2012年2月には、チームが抱えている巨大な技術的困難の解消に向け、SCEの[[SCEサンタモニカスタジオ|サンタモニカ・スタジオ]]を始めとする米英の技術グループや開発者たちが支援に乗り出しているとインタビューで明言された<ref>[http://doope.jp/2012/0221702.html 「人喰いの大鷲トリコ」開発にサンタモニカを始めとする米英のSonyスタジオが参加]</ref>。
 
2013年8月に行われた上田へのインタビューによれば、フリーランスとして携わるようになった現在も鋭意制作中ではあるが、同時期に開発中の「[[パペッティア]]」や[[PlayStation 4]]のローンチタイトルとなる「KNACK」の開発が現在は優先されているという<ref>「週刊ファミ通」2013年9月5日号</ref>。一方で、吉田によれば、ジャパンスタジオの人員が不足しているわけではなく、『トリコ』の制作に心配はない<ref>[http://www.famitsu.com/news/201309/21040461.html ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオプレジデントの吉田修平氏に直撃!【TGS2013】]</ref>。
匿名利用者