「ヴァーミリアン」の版間の差分

m
内部リンクの一部変更(リダイレクトの解消)
m (内部リンクの一部変更(リダイレクトの解消))
|金 = 11億6860万7500円<br />(内訳)<br />3億8685万9000円(中央競馬)<br />7億4600万円(地方競馬)<br />3574万8500円(日本国外)<br />(300,000[[アメリカ合衆国ドル|ドル]])
}}
'''ヴァーミリアン''' (''{{Lang|en|Vermilion}}'') とは[[日本]]の[[競走馬]]である。おもな勝ち鞍は[[川崎記念]]2勝、[[JBCクラシック]]3連覇、[[チャンピオンズカップ (中央競馬)|ジャパンカップダート]]、[[東京大賞典]]、[[フェブラリーステークス]]、[[帝王賞]]で、JRA認定のGI/JpnI9勝は日本競馬史上最多である。馬名(朱色)は母[[スカーレットレディ]]からの連想による。クラブ法人[[サンデーレーシング]]の所有馬で、募集価格は2400万円(40口)。
 
== 戦績 ==
=== 2歳(2004年) ===
[[2004年]][[10月10日]]、[[京都競馬場|京都競馬]]の新馬戦でデビュー。[[武豊]]を鞍上に迎え、上がり33秒8の末脚で2着に3馬身半の差をつけ楽勝。以降2戦続けて2着となるも、4戦目の[[ラジオNIKKEI杯2歳ホープフルステークス (中央競馬)|ラジオたんぱ杯2歳ステークス]]では[[シックスセンス (競走馬)|シックスセンス]]や[[ローゼンクロイツ (競走馬)|ローゼンクロイツ]]、[[アドマイヤジャパン]]を交わし[[重賞]]初勝利を飾る。これが評価され2歳時のレーティングは108が与えられた。
 
=== 3歳(2005年) ===
次走は[[ダイオライト記念]]に向かったが、ここでも武豊が[[タイムパラドックス (競走馬)|タイムパラドックス]]に騎乗したため、[[内田博幸]]が騎乗、前年覇者[[パーソナルラッシュ]]らを相手に6馬身差で快勝した。[[幸英明]]を鞍上に迎えた次走の[[東海ステークス]]は、1.8倍の1番人気に支持されたが、虫歯によりカイバ喰いが落ち21kgも馬体重を減らし、さらにレース中に[[心房細動]]を発症し最下位の13着に敗れてしまった。目標であった[[帝王賞]]は回避するしかなく、馬体回復のため夏場をはさんでの休養に入る。
 
秋は[[チャンピオンズカップ (中央競馬)|ジャパンカップダート]]に出走、フェブラリーステークス以来となるクリストフ・ルメールが騎乗、久々のレースや前走の大敗などということもあり9番人気と評価は低かったが、[[アロンダイト (競走馬)|アロンダイト]]の4着とまずまずの結果を残す。続いて前年中止となってしまった名古屋グランプリに出走、2着ムーンバレイに直線だけで6馬身もの差をつける圧勝で、地方交流競走3連勝を収めた。
 
===5歳(2007年)===
|25
|[[阪神競馬場|阪神]]
|[[ラジオNIKKEI杯2歳ホープフルステークス (中央競馬)|ラジオたんぱ杯2歳S]]
|{{color|green|GIII}}
|2人
|25
|東京
|[[ピオンズカップダート (中央競馬)|ジャパンCダート]]
|{{color|red|GI}}
|9人
119,021

回編集