「フェルナンド1世 (アラゴン王)」の版間の差分

m
内部リンク削除
m (内部リンク削除)
母方の伯父にあたるアラゴン王[[マルティン1世 (アラゴン王)|マルティン1世]](シチリア王としてはマルティーノ2世)が1410年に嗣子のないまま亡くなると、[[カスペの妥協]]によって1412年にアラゴン王に選ばれた。
 
フェルナンド1世の業績で知られるのは、対立教皇[[ベネディクトゥス13世 (対立教皇)|ベネディクトゥス13世]]の退位を1416年に受け入れ、40年にも及んだ[[教会大分裂]]([[大シスマ]])を終わらせたことである。
 
即位から4年後の1416年、[[イグアラーダ]](現在の[[バルセロナ県]])にて35歳で死去した。