「ICE TD」の版間の差分

文献追加
m (+{{出典の明記}})
(文献追加)
|機関 = 電気式
|機関出力 = 560 kW
|製造メーカー = [[シーメンス]]、[[ボンバルディア・トランスポーテーション|ボンバルディア]]
}}
'''ICE TD'''は、[[ドイツ鉄道]]の高速列車[[ICE]]に使用される[[車体傾斜式車両|車体傾斜式]][[気動車]]である。ICEによる高速化の効果を非電化路線へも拡大するため、[[ICE T]]の[[気動車]]版として[[2001年]]に4両編成20本が製造された。形式は'''605形''' (''Baureihe 605:BR605'') となった。
 
== 設計 ==
車体形状はICE Tとほぼ同じで、[[アルミニウム]]合金を採用して軽量化を図り、さらに、車体傾斜時に建築限界からはみ出さないよう、車体の上下を絞った形状としている。2編成以上の併結も可能である。
 
車体傾斜機構は610形気動車やICE-Tで実績のあるフィアット社製ではなく、[[ドイツ]]・[[シーメンス]]製を採用している。ドイツでは[[1992年]]より[[快速列車|快速]] (RE) 用の車体傾斜式[[気動車]]である[[ドイツ鉄道610型気動車|610形]]を投入しており、その後[[ドイツ鉄道611型気動車|611形]]・[[ドイツ鉄道612型気動車|612形]]が投入されているが、[[優等列車]]用の車体傾斜式気動車としてはこのICE TDが初めてのものとなった。
 
動力伝達方式は610形気動車同様の電気式で、[[ディーゼルエンジン]]で交流発電機を駆動し、交流電動機を駆動するものである。1両あたりの発電機出力は560kW、電動機出力は425kWで、各車両に2台ある台車のうち1台が動力台車である。最高速度は200km/hである。
=== 登場時 ===
[[File:ICE-TD Berlin Ostbahnhof.jpg|thumb|220px|正面のDBロゴが外されたICE TD]]
[[2001年]]7月より営業運転を開始し、おもに[[ニュルンベルク]]と[[ドレスデン]]を結ぶ系統に投入された。しかし、シーメンス社製車体傾斜装置を中心に重篤なトラブルが頻発したため、度々運休を余儀なくされた。その結果、[[ニュルンベルク]] - [[ドレスデン]]間の運用は[[2003年]]12月限りで中止となった。なお、同区間のICEは、快速用の車体傾斜式気動車612形を特急仕様に改装して、[[インターシティ]]として運用を続けたが、短期間で[[客車]]に置き換えられ、さらに[[快速列車]] (''Franken-Sachsen-Express'') に格下げられている。
 
定期運用がなくなったICE TDは休車となった。これらは波動運用に使用されるも、動くことは少なくなった。そんな中で[[2006年]]には、ドイツで開催された[[2006 FIFAワールドカップ|サッカーワールドカップ]]の観客輸送や選手輸送に使用されている。
=== デンマークへの直通 ===
[[File:ICE-TD DSB-Logo.jpg|thumb|220px|DB・DSB共同のロゴ]]
長らく定期運用を離れていたICE TDであるが、[[2007年]]12月9日より、[[ハンブルク]]と[[コペンハーゲン]]([[デンマーク]])を結ぶ系統(プットガルデン''Puttgarden''(ドイツ)とロービュ''Rødby''(デンマーク)の間は[[鉄道連絡船]]による航送、通称'''「[[渡り鳥コース]]」''' (''Vogelfluglinie'') )に投入されることが、[[ドイツ鉄道]]と[[デンマーク国鉄]]の間で合意に達しており、久しぶりに営業運転に復帰した。この系統は現在、[[インターシティ#ユーロシティ|ユーロシティ]]として、従来より[[デンマーク国鉄IC3型気動車]](ドイツ乗り入れ対応編成)が[[インターシティ#ユーロシティ|ユーロシティ]]として運用されているが、これが一部置き換えられた。
 
[[デンマーク国鉄]]とドイツ鉄道両方のロゴが付加されたデンマーク乗り入れ対応の2編成が、2007年12月9日の冬ダイヤよりベルリンとハンブルク間でも運転を開始している。ベルリンから来た列車は[[ハンブルク中央駅]]を経由後、[[リューベック]]経由で[[コペンハーゲン]]へ向かっている。ドイツ鉄道とデンマーク国鉄共同で[[2008年]]1月よりハンブルク・コペンハーゲン間の毎日の運行が開始され、2008年3月にはデンマーク第二の都市[[オーフス]]への運行も開始される。所要時間はベルリン・オーフス間が7時間以下に抑えられ、デンマーク国内での最高速度は140km/hから180km/hに向上する。このため、デンマーク乗り入れ対応編成は保安装置が改造される。
 
2007年4月29日に[[渡り鳥コース]]で最初の試乗運転が実施され、ICE-TDは航送され45分かけて[[フェマルンベルト]]を越えている。この共同運行開始でIC3とICE-TD両方が活躍することになる。2008年3月からはハンブルク・コペンハーゲン間は2往復ずつICE TDとユーロシティ (IC3) が計4往復運行され、ハンブルク・オーフス間はICE TDによって毎日運転される。ベルリン・コペンハーゲン間は6時間51分、ベルリン・オーフス間は6時間30分となり45分短縮される。ドイツ鉄道によれば、ハンブルク・コペンハーゲン間の年間旅客数は30%増加し年間330,000人になると予想している。
 
5編成がデンマーク乗り入れに対応するため改造されている。デンマーク乗り入れのための保安装置や[[グローバル・ポジショニング・システム|GPS]]をベースにした測位システムの追加、荷物収納設備の拡張など旅客設備の改修が行われた。また、列車保安装置の診断結果を表示するデータ入力の設備も追加されている。改造された、ICE TDの編成は少なくとも13年間は使われることになっている。ドイツ鉄道とデンマーク国鉄の契約で13年間、デンマーク国鉄は使用料を支払うことになっている。編成の改良には1編成あたり100万[[ユーロ]]が投資された。ベルリン・ハンブルク間の最高速度は200km/h、ハンブルク・ドイツ/デンマーク国境の[[フレンスブルク]]までが140km/h、デンマーク国内の最高速度は180km/hとなる。
 
== 参考文献 ==
* {{Cite book|和書|editor=地球の歩き方 |year=2012 |title=世界の高速列車II |publisher=ダイヤモンド社 |page=200頁-205頁 |isbn=978-4-478-04279-3}}
 
{{Commonscat|DBAG Class 605}}
9,726

回編集