「カルロス2世 (スペイン王)」の版間の差分

編集の要約なし
}}
 
'''カルロス2世'''('''Carlos II''', [[1661年]][[11月6日]] - [[1700年]][[11月1日]])は、[[スペイン・ハプスブルク朝|ハプスブルク(アブスブルゴ)家]]最後の[[スペイン]][[スペイン君主一覧|国王]](在位:[[1665年]] - 1700年)。[[フェリペ4世 (スペイン王)|フェリペ4世]]と[[マリアナ・デ・アウストリア|マリアナ]]王妃の息子である。[[フランス王国|フランス]][[フランス君主一覧|王]][[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]妃[[マリー・テレーズ・ドートリッシュ|マリア・テレサ]]は異母姉、[[神聖ローマ皇帝]][[レオポルト1世 (神聖ローマ皇帝)|レオポルト1世]]の最初の皇后[[マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ|マルガリータ・テレサ]]は同母姉に当たる。[[庶子|庶出]]の異母兄にオニャテ伯・宰相の[[フアン・ホセ・デ・アウストリア]]がいる。
 
== 生涯 ==
=== 精神先天性疾患 ===
[[File:Carlos segundo80.png|thumb|250px|left|カルロス2世の先祖の家系図]]
カルロス2世はスペイン王であると共に、[[ナポリ王国]]、[[シチリア王国]]などの[[南イタリア]]のほぼ全土の王であった。スペインの海外領土である[[フィリピン]]や[[メキシコ]]にも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、当時その理由は「呪いをかけられたため」と一般に考えられており、カルロス2世自身もそう思っていた。現在では、彼が病弱だった理由はおそらく[[ハプスブルク家]]の何重もの[[近親婚]]<ref>父母は[[叔姪婚|伯父と姪の関係]]であり、父の妹マリア・アナはカルロス2世にとって叔母であると同時に祖母でもある。曾祖父フェリペ2世も伯父と姪の結婚。詳細は系図を参照。</ref>であろうと考えられている。
匿名利用者