「ウーファ (映画会社)」の版間の差分

[[画像:Bundesarchiv Bild 183-1991-0109-502, Berlin, Aufnahmegelände der Ufa in Tempelhof.jpg|240px|thumb|ベルリン・テンペルホーフにあった撮影スタジオ(1920年)]]1921年に民営化され、毎年600本もの作品を送り出す、ドイツ映画界を代表する制作会社となり、その作品は国際的にも高い評価を得るようになって行く。ウーファーで活躍した映画監督には『[[ドクトル・マブゼ]]』(1922)や『[[メトロポリス (1927年の映画)|メトロポリス]]』(1926)の[[フリッツ・ラング]]、『吸血鬼ノスフェラトウ』(1921)や『[[最後の人]]』(1925)の[[F・W・ムルナウ]]、『嘆きの天使』(1930)の[[ジョセフ・フォン・スタンバーグ]]、『南の誘惑』(1937)の[[ダグラス・サーク]]などがいる。
 
俳優では、[[エミール・ヤニングス]]、[[ポーラ・ネグリ]]、[[コンラート・ファイト]]、[[マレーネ・ディートリッヒ]]、[[ウェルナー・クラウス]]、[[グレタ・ガルボ]]、[[リリアン・ハーヴェイ]]、ヴィリー・フリッチ、ハンス・アルバース、[[ツァラー・レアンダー]]、ヤン・キラ、[[マルタ・エゲルト]]などが[[サイレント映画|サイレント]]から[[トーキー]]初期にかけて活躍した。
 
実験的な作品や過激な作品も制作する一方、ドイツ映画特有のジャンルである[[山岳映画]]も製作。『モンブランの嵐』(1931)の[[アーノルド・ファンク]]をはじめ、[[ハンネス・シュナイダー]]や[[レニ・リーフェンシュタール]]などを生み出している。