「ブランドン・リオス」の版間の差分

(カテゴリ変更)
 
2013年11月23日、[[マカオ]]にある[[ザ・ベネチアン・マカオ]]内[[コタイ・アリーナ]]にて、WBOが新たに設立したWBOインターナショナル[[ウェルター級]]王座を賭け、元世界6階級制覇王者[[マニー・パッキャオ]]と対戦したが終始パッキャオにペースを握られ12回0-3(108-120、109-119、110-118)の大差判定負けを喫した<ref>[http://boxingnews.jp/news/8510/ パッキャオ、リオスに大差判定勝ち] Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月24日</ref>。リオスは「正直言って、パッキャオのパンチ力はほとんど感じなかったな。アルバラードのパンチのほうが強かったよ。パッキャオのスピードとやりにくさにやられちまったな。」と述べた<ref>{{cite web|url= http://www.boxingscene.com/brandon-rios-alvarado-stung-me-more-pacquiao--72064 |title= Brandon Rios: Alvarado Stung Me More Than Pacquiao |publisher= BoxingScene.com |date= 2013-11-25 |accessdate= 2014-01-03}}</ref>。試合後のドーピング薬物検査でリオスから興奮剤が検出され出場停止処分が課せられた<ref>{{cite web|url= http://sports.yahoo.com/blogs/boxing/brandon-rios-tests-positive-banned-substance-following-loss-002103876--box.html |title= Brandon Rios tests positive for banned substance following loss to Manny Pacquiao |publisher= Yahoo.Sports |date= 2013-12-13 |accessdate= 2014-01-03}}</ref>。薬物検査団体のVADAによって通常より厳しいドーピング薬物検査が行われていた。
 
[[2014年]]8月2日、[[ザ・コスモポリタン]]で元[[世界ボクシング協会|WBA]]世界[[ウェルター級]]王者[[ディエゴ・ガブリエル・チャベス]]とウェルター級契約10海鮮で復帰することが決まった。
 
== 獲得タイトル ==
11,281

回編集