「熱電子」の版間の差分

編集の要約なし
熱電子放出は、[[金属]]などの[[表面]]を加熱した際に、表面から熱[[励起]]された[[電子]]が飛び出してくる現象で、この時熱励起は、その対象となる表面の持つ[[仕事関数]](物質の種類、表面の面方位、表面の状態などによって値は異なる)より大きくなければならない。
 
熱電子を利用したものとして、[[真空管]]や[[蛍光灯]]がある。
 
==関連項目==