「がらがら (玩具)」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎歴史: 追記)
編集の要約なし
[[翁草]]や[[武林隠見録]]には、[[河村瑞賢]]が三両の[[小判]]に刀で穴をあけ、そこに[[紙捻り]]を通して即興のがらがらを作り、遊び道具として子供に与えたという逸話が載っている<ref name=saitou1/>。
 
明治・大正時代になると、がらがらにもバリエーションが増える<ref name=saitou2>齋藤良輔 『日本人形玩具事典』 東京堂出版 1997年 ISBN 4-490-10477-4 90頁</ref>
 
明治時代には、海外から[[ブリキ]]が輸入されるに伴いブリキ製のがらがらが造られるようになる<ref name=saitou1/>。明治30年頃には、フケを取る道具の材料に使われた竹の廃物を素材とした、中に小石の入ったがらがらが造られた<ref name=saitou1/>。竹の輪の両面には、犬や猫の絵が描かれていた<ref name=saitou1/>。明治33年には「万寿がら」と呼ばれるがらがらが造られた<ref name=saitou1/>。日露戦争後、日本のがらがらは飛躍的にその数を増やす<ref name=saitou1/>。
 
明治後期に生まれた主ながらがらとして、「笛がら」「面がら」「鈴がら」「風車がら」「首振りがら」「自動がら」「当てがら」「縄跳びがら」「拳がら」などがある<ref name=saitou2/>。
 
大正時代は[[セルロイド玩具]]の全盛期であった。がらがらにもセルロイド製のものが多数産まれた<ref name=saitou2/>。作者達は、そのがらがら独自の音を出そうと意匠を凝らした。結果、美しい音、変わった音を出すがらがらが作られていった<ref name=saitou2/>。「ラッパ笛がら」「太鼓がら」「笛入りがら」「高貴がら」「常盤がら」と言ったがらがらが大正時代には作られた<ref name=saitou2/>。「高貴がら」「常盤がら」はその代表とされ<ref name=saitou2/>、高貴がらは鈴が4個ついているのが特徴である。常盤がらは、高貴がら同様鈴を使用したがらである。名前は[[常盤御前]]に由来しており、常盤御前が被っていたとされる市女笠を模したものが付属している<ref name=saitou2/>。
3,941

回編集