「ホモロジカルミラー対称性予想」の版間の差分

→‎例: affine manifoldとaffine varietyは異なるので(日本語とすると同一「アフィン多様体」で同じになる)リンク先を修正
m (→‎例: リンク解消によりリンク修正)
(→‎例: affine manifoldとaffine varietyは異なるので(日本語とすると同一「アフィン多様体」で同じになる)リンク先を修正)
 
== 例 ==
この予想を数学者が証明している例は、数がさほど多くない。コンツェビッチがセミナーで、ホモロジカルミラー対称性予想を、[[楕円曲線]]の場合には[[テータ函数]]を使うことで証明できるであろうと指摘した。この指摘に従い、{{仮リンク|アレクサンダー・ポリスチュック|en|Alexander Polishchuk}}と{{仮リンク|エリック・ザスロフ|en|Eric Zaslow}}は、楕円曲線についてのこの予想の証明をした。[[深谷賢治]]は、[[アーベル多様体]]についてのこの予想を証明する要素のいくつかを確立した。そのコンツェヴィッチと{{仮リンク|ヤン・ソイベルマン|en|Yan Soibelman}}は、[[SYZ予想]]からのアイデアを使い、[[代数多様体#アフィ{{仮リ代数多様体の座標環とヒルベルトの零点定理|アフィン多様体]] (微分幾何学)|en|affine manifold}}(affine manifold)上の非特異な{{仮リンク|トーラスバンドル|en|torus bundle}}についての予想の大半を証明した。2003年に、{{仮リンク|ポール・ザイデル|en|Paul Seidel}}は、{{仮リンク|四次曲面|en|quartic surface}}の場合の予想を証明した。{{harvtxt|Hausel|Thaddeus|2002}}は、SYZ予想の素描を、[[ヒッチン系]]と[[ラングランズ・プログラム|ラングランズ双対性]]の脈絡で説明した。
<!--==Examples==
Only in a few examples have mathematicians been able to verify the conjecture. In his seminal address, Kontsevich commented that the conjecture could be proved in the case of [[elliptic curve]]s using [[theta function]]s. Following this route, [[Alexander Polishchuk]] and [[Eric Zaslow]] provided a proof of a version of the conjecture for elliptic curves. [[Kenji Fukaya]] was able to establish elements of the conjecture for [[abelian varieties]]. Later, Kontsevich and [[Yan Soibelman]] provided a proof of the majority of the conjecture for nonsingular [[torus bundle]]s over [[affine manifold]]s using ideas from the [[SYZ conjecture]]. In 2003, Paul Seidel proved the conjecture in the case of the [[quartic surface]]. In 2002 {{harvtxt|Hausel|Thaddeus|2002}} explained SYZ conjecture in the context of Hitchin system and Langlands duality.-->
 
== ホッジダイアモンド ==
13,687

回編集