「集まれ昌鹿野編集部」の版間の差分

編集の要約なし
『'''集まれ昌鹿野編集部'''』(あつまれまさかのへんしゅうぶ)は、[[ラジオ関西]]の[[アニたまどっとコム]]枠内にて[[2006年]](平成18年)[[4月8日]]から放送中の[[ラジオ番組]]([[アニラジ]])である。
 
== 概要 ==
[[小野坂昌也]]と[[鹿野優以]]がパーソナリティを務める。「新感覚タブロイド番組」と称して[[アニメ]]・[[ゲーム]]・[[声優]]に関連した情報を紹介している。
 
番組タイトルは、スタッフの「古くさい感じで」の注文に小野坂が提案した「集まれ~」、パーソナリティー二人の名前と意外性を表した"まさかの!?"という言葉を掛け合わせて「昌鹿野」、そして様々な情報を扱っていく意味合いで「編集部」とし、これらを組み合わせて決定された<ref>ラジオ関西「アニたまどっとコムファンブックVol.1」P19</ref>。
 
番組はトーク主体で、小野坂、鹿野の暴走気味のトークが特徴である。時には小野坂が[[放送禁止用語]]を言って、効果音を入れられることもある。特に「昌鹿野・子供電話相談室!」では際どいトークが多い。
 
番組の[[公式ウェブサイト|公式サイト]]にて、[[2006年]](平成18年)9月17日放送分より'''今週のゆい写真'''が(基本的に)毎週更新されている。
 
半年分の放送を[[MP3]]形式でまとめたCDが"集まれ昌鹿野大全集"として公開録音、ラジオ関西[[アニたまどっとコム]]のネットショップである[http://anitama-shop.jp/ アニたまSHOP]にて販売されている。また、新規録音音源、地方向け放送や生放送など「大全集」に収録されない放送の傑作選を収録した"DJCDが"販売されている。これらのCDは基本的に一般の流通(レコード店、アニメショップなど)には乗っていない。
**
== 放送局 ==
{|class="wikitable" style="font-size:small;"
|}
 
== 概要 ==
[[小野坂昌也]]と[[鹿野優以]]がパーソナリティを務める。「新感覚タブロイド番組」と称して[[アニメ]]・[[ゲーム]]・[[声優]]に関連した情報を紹介している。
 
番組タイトルは、スタッフの「古くさい感じで」の注文に小野坂が提案した「集まれ~」、パーソナリティー二人の名前と意外性を表した"まさかの!?"という言葉を掛け合わせて「昌鹿野」、そして様々な情報を扱っていく意味合いで「編集部」とし、これらを組み合わせて決定された<ref>ラジオ関西「アニたまどっとコムファンブックVol.1」P19</ref>。
 
番組はトーク主体で、小野坂、鹿野の暴走気味のトークが特徴である。時には小野坂が[[放送禁止用語]]を言って、効果音を入れられることもある。特に「昌鹿野・子供電話相談室!」では際どいトークが多い。
 
番組の[[公式ウェブサイト|公式サイト]]にて、[[2006年]](平成18年)9月17日放送分より'''今週のゆい写真'''が(基本的に)毎週更新されている。
 
半年分の放送を[[MP3]]形式でまとめたCDが"集まれ昌鹿野大全集"として公開録音、ラジオ関西[[アニたまどっとコム]]のネットショップである[http://anitama-shop.jp/ アニたまSHOP]にて販売されている。また、新規録音音源、地方向け放送や生放送など「大全集」に収録されない放送の傑作選を収録した"DJCDが"販売されている。これらのCDは基本的に一般の流通(レコード店、アニメショップなど)には乗っていない。
**
== コーナー ==
※2014年現在、[http://anitama.com/masakano/ 番組公式ホームページ]上で紹介されているもの。
; トレンドNow&Then
: 小野坂と鹿野がお薦めのグッズなど紹介する。第2回目以降、事実上お薦めの食べ物を紹介するコーナーなっており、現在、グッズの紹介は第1回目と第2回目だけである。
 
=== アミューズメントメディア総合学院学生出演のコーナー ===
;走れ!スクープマン(2006年度)
335

回編集