「ざる」の版間の差分

編集の要約なし
(やっとさがしあてました。200ページ以上あるので、もうちょっと限定して書いてください。)
[[Image:Seiro_soba_at_Takasho_in_Nezu,_Tokyo.jpg|thumb|200px|ざるそば]]
'''ざる'''('''笊'''、bamboo basket)は、食品竹の薄片食器プラスチックなどの水気を切るのに用いる線状のものをんで、円く、くぼんだ構造もし形につは底部に穴が開けられ構造になっている容のこと<ref name="jpo-card-C5koujien">[https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/card/C5.pdf 意匠分類定義カード(C5-4560)] 特許庁広辞苑第六版「ざる」</ref>。
 
== 概説 ==
元来は[[竹]]を細く薄く裂いたものを網状に編んで作られた容器であるが、現在では金属製のものや合成樹脂製のものなども普及している。
ざるとは、[[竹]]の薄片やプラスチックなどで[[編む|編んで]]、[[円]]く、くぼんだ形につくった[[器]]のことである<ref name="koujien" />。
<ref group="注">百科事典の定義文の出典として用いるには不適切であるが、参考までに紹介すると、特許庁の「意匠分類定義カード」には「食品や食器などの水気を切るのに用いる線状のものを編んだ構造もしくは底部に穴が開けられた構造になっている容器」となっているという([https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/card/C5.pdf 特許庁「意匠分類定義カード(C5-4560)」) </ref>。
 
元来は[[竹]]を細く薄く裂いたものを網状に編んで作られた容器である。日本に古くから伝わる[[民具]]としてのざるは竹を編んだものであった。だが、近年は針金を編んだ金属製のもの、合成樹脂製のもの、無数の穴が空いた[[ボウル]]のようなもの(穴開きボウル、パンチングボウル、パンチボウルともいう)なども多く普及している。大きさ、深さ、形状、網の目の粗さなどにより非常に多様な種類があるが、一般的には丸い形状で浅く窪んだものを「ざる」と呼ぶことが多い。ただし、亀の甲羅のような形をした亀ザルや、四角形の角ザルと呼ばれるものもある。
 
なお、同様の道具でもある程度深いものは[[籠]](かご)と呼ばれる事が多いが、あまり厳密な区別はなされていない。水切りなどの目的で一時的に食材を乗せる用途のものを「ざる」と呼び、保存などの目的で一定期間内容物を入れておくためのものを「かご」と呼ぶとする人もいる。このほか類似の器具に、[[篩]](ふるい)がある。
[[画像:Umebosi Doyobosi.jpg|190px|thumb|ざるにひろげて干される梅干]]
 
ざるは一般に、水洗い後の[[野菜]]や磨いだ[[米]]、茹でた食物などの水分を切る場合に用いられることが多い(米揚げザルなど)。日本以外でも[[パスタ]]の湯切りや野菜の水切り等に'''[[コランダー]]'''([[:en:Colander|colander]])や'''ストレーナー'''([[:en:strainer|strainer]])と呼ばれる水切りが使われるが、日本ではこれらもざると称される場合がある。
 
うどんやそばの調理に使われる湯切り専用の取っ手付きのざるは「'''水嚢'''」(すいのう)という。「振りざる」、「揚げざる」とも呼ばれる。[[讃岐うどん]]の再調理などに使われる径が小さく深底の特殊なざる「'''鉄砲ざる'''」(略して'''テボ'''、'''てぼざる'''とも言われる)もこの一種であり、その名の由来は一説に「(うどんの)玉」を入れて(再加熱のために)茹で上げるからと言われている(鉄砲の[[弾]]との[[語呂合わせ]])。
16

回編集