「UDFj-39546284」の版間の差分

計算値を訂正
(計算値を訂正)
| 星座 = [[ろ座]]
| 視等級 = 30.1以下
| 視直径 = 17617.43 [[秒 (角度)|ミリ]]<ref name="rdr">[http://www.lizard-tail.com/isana/lab/redshift/redshift-distance.php?h=7067.515&m=0.272317&l=0.728683&scale=0.001&start_z=10.3&end_z=10.3 z=10.3 - ''赤方偏移と距離の関係'']</ref>
| 分類 = [[銀河]]?
}}
| 見出し = 赤方偏移が10.3の場合のパラメーター
}}
{{天体 項目|見かけの距離|13213341006900万 [[光年]]<ref name="rdr">[http://www.lizard-tail.com/isana/lab/redshift/redshift-distance.php?h=67.80&m=0.317&l=0.683&scale=0.1&start_z=10.3&end_z=10.3 z=10.3 ''Redshift-Distance Relation : 赤方偏移と距離の関係'']</ref>}}
{{天体 項目|実際の距離|31331671007400万 光年<ref name="rdr"/>}}
{{天体 項目|見かけの後退速度|295133 km/s<ref name="rdr"/>}}
{{天体 項目|実際の後退速度|652330 km/s<ref name="rdr"/>}}
| 見出し = 赤方偏移が11.9の場合のパラメーター
}}
{{天体 項目|見かけの距離|13313422005100万 光年<ref name="rdr2">[http://www.lizard-tail.com/isana/lab/redshift/redshift-distance.php?h=67.8015&m=0.317&l=0.683&scale=0.1001&start_z=11.9&end_z=11.9 z=11.9 ''Redshift-Distance Relation : 赤方偏移と距離の関係'']</ref>}}
{{天体 項目|実際の距離|32332646006000万 光年<ref name="rdr2"/>}}
{{天体 項目|見かけの後退速度|296211 km/s<ref name="rdr2"/>}}
{{天体 項目|実際の後退速度|672620 km/s<ref name="rdr2"/>}}
 
== 概要 ==
UDFj-39546284は、知られている中で地球から2番目に遠い場所にある天体である<ref name="nasa"/>。宇宙の遠くを見るということは、より古い時代を観測する事になるので、最も古い時代の天体である事になる。[[赤方偏移]]''z''の値が約10.3 ± 0.8と、初めて観測された10以上の値を示す天体である。[[地球]]からの距離は31331670007400万[[光年]]<ref name="rdr"/>であり、時代は13213341006900万年前の天体である。これは宇宙の年齢の43.3%、宇宙誕生から約5457005100万年経った頃<ref>宇宙の年齢を[[プランク (人工衛星)|プランク]]の観測結果に基づく 138.2億年として計算した結果。</ref>にある天体である<ref name="arxiv10.3"/><ref name="Plank2013">[http://www.sciops.esa.int/SAOur_Activities/PLANCKSpace_Science/docsPlanck/Planck_2013_results_01.pdf Planck_reveals_an_almost_perfect_Universe|title=Planck 2013reveals results.an I. Overview of products and scientific results ''Astronomyalmost &perfect Astrophysics''Universe]</ref>。これは、かつて最も遠かった[[UDFy-38135539]]の300億3200万光年 (z=8.55) より、131638004200万光年遠く、123500万以上古い時代の天体である<ref name="astroartz">[http://www.astroarts.co.jp/news/2011/01/27hubble/index-j.shtml 史上最遠、132億光年かなた?の銀河を発見 - ''AstroArts'']</ref>。しかし、2012年になって、316億3300万光年離れた距離にある[[MACS0647-JD]]が発見され、史上最も遠い天体の座を明け渡した<ref>[http://jp.arxiv.org/abs/1211.3663 CLASH: Three Strongly Lensed Images of a Candidate z ~ 11 Galaxy ''arXiv'']</ref>。しかし、MACS0647-JDの発表からほぼ1ヵ月後になって、[[ハッブル・エクストリーム・ディープ・フィールド]]の観測結果からUDFj-39546284の赤方偏移の値が11.9である可能性が示され、再び最も遠い天体に返り咲く可能性が出た<ref name="hubble11.9"/><ref name="esa11.9"/>。仮に正しければ、見かけの距離は133億2200万光年、実際の距離は323億4600万光年となる<ref name="rdr2"/>。
 
UDFj-39546284は、先述の通り今まで赤方偏移の値は約10.3となっていたが、2012年12月になって約11.9である可能性が示された。10.3という値は、ハッブル宇宙望遠鏡の1600nmのフィルターを通してUDFj-39546284を撮影し得られた値であるが、11.9という値は、新たに1400nmのフィルターを通して撮影した結果、撮影できる範囲の明るさにUDFj-39546284が写ってなかったことによるものである。極端な性質を持つ赤方偏移2~3という極めて近い距離にある[[輝線銀河]]である可能性が残っているが、仮にそれである場合は未知のタイプの銀河になるため、正確な値はともかく、恐らく極端に遠い場所にある銀河であることは間違いない。ただし値の確かさとしてはMACS0647-JDの方が上であり、どちらが本当に遠い天体であるかは2018年以降に打ち上げ予定の[[ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡]]による観測を待つことになる<ref name="z=11.9"/><ref name="hubble11.9"/><ref name="esa11.9"/>。
 
== 距離 ==
UDFj-39546284の地球からの見かけの距離は 133億22006900万光年<ref name="rdr"/>であるが、実際には宇宙が膨張している事から、実際の距離は32331646007400万光年<ref name="rdr2rdr"/>である。また、UDFj-39546284 の後退速度は、地球から見れば 29万6211km5133 km/s<ref name="rdr"/>、[[光速]]の98.5%もの速度で遠ざかって見える事になる。しかし、実際には空間の膨張も加算されるため、実際の後退速度は67652620km2330 km/sとなる<ref name="rdr2rdr"/>。ただし現在の値は統計的な問題でブレが残っておりスペクトル分析今後の追加観測待たれていないため、完全にはる。赤方偏移の値、即ち距離確定していない。UDFj-39546284 の''z'' = 10から、[[宇宙マイクロ波背景放射]]の''z'' = 1000 までのを超える領域から遠方は、本天体などを除き観測された天体はいまなく謎に包まれている<ref name="nasa"/>。
 
== 波長 ==
匿名利用者