「キャンパスハンティング 雀闘記」の版間の差分

デフォルトソート、カテゴリ
編集の要約なし
(デフォルトソート、カテゴリ)
'''キャンパスハンティング 雀闘記'''とは、[[テクノトップ|ダイナックス]]から1990年2月に開発・発売した[[アーケードゲーム]]である。[[日本物産]]と同じく二画面の512X240と、高画質の意欲的な内容がなっていた。
==概要==
ユウガが開発した「麻雀学園」のサクセスの後に「ロイヤル麻雀」などのカピーのボードを扱いした「中日本プロジェクト」が二画面のスクリーンを採用し、開発したゲームである。
1月後には一般スクリーン用の「麻雀キャンパス ハンティング」も発売がされていた。
==そのほか==
*このゲームに出した娘たちは「中日本プロジェクト」の開発した違うゲームにも見られていた。
*中日本は、この前も二画面の麻雀ゲーム「雀遊記」を開発していた。
*画面の上に時間が見えるのはプレイした時間を知らせるためだ。(DIPに時間を変われる
 
{{デフォルトソート:きやんはすはんていんくしやんとうき}}
[[category:1990年のアーケードゲーム|け]]
[[Category:脱衣麻雀]]
[[category:1990年のアーケードゲーム|け]]