「ろう付け」の版間の差分

(→‎作業手順: 内部リンクの追加)
 
==沿革==
ろう付けの起源はきわめて古くて明確には分からないが、遺跡からの出土品から見て紀元前3000~2500年頃にはすでに技法が開発されていた事が分かっている。日本へは[[中国]]や[[朝鮮半島]]を通じて伝来したと考えられているが、こちらについても年代等は分からない。[[東大寺盧舎那仏像|奈良の大仏]]を建造する際にはんだが使われており、文献上には白鑞(しろめ)と記載されている。後には、「白目」「白鉛(しろなまり)」「はくろう」などと呼ばれるようになった。
 
==作業手順==
匿名利用者