「ミニディスク」の版間の差分

最初期のMD機器での録音ではエラー制御に容量を割いていたため、音声記録には現在の半分しか割り当てられていなかった。そのため後継モデルより音質が悪く、特にピュアオーディオファンからはネガティブイメージを持たれていた。
 
なおATRACは[[スケールファクタ]]が独立しているため、録音後に音量の調整などが可能である。この特徴は一部機器が「S.F.エディット」機能として利用している。
 
=== 著作権保護 ===
匿名利用者