「2進接頭辞」の版間の差分

m
表記が混同しているので統一する
m (表記が混同しているので統一する)
ところが、[[情報工学]]分野、特に記憶装置関連おいては2進接頭辞に限られることはなく、底が2なのか10なのか不明確なままになる場合がある。さらには乗数が増えるほど流用元のSI接頭辞が表す乗数との誤差が大きくなるため、ギガ、テラ等の利用が進むにつれ不都合が増えてきた。
 
これに対して、IEC([[国際電気標準会議]])は 1998年にSI接頭辞と区別できる新たな 2進接頭辞を承認した。2{{sup|10}}、2{{sup|20}}、2{{sup|30}}などの乗数を表す接頭は[[IEC 60027-2]]ではそれぞれキビ、メビ、ギビなどとなり、1024バイトは1キビバイト、1 048 576バイトは1メビバイトとなる。同様の規格が[[IEEE]]でも[[IEEE 1541-2002]]として成立している。
 
しかしながら、情報技術系企業においてさえ利用度は高くなく<ref>ibm.comにおけるGoogle検索において "TB バイト" で約1490件、"TiB バイト" で7件。</ref>、普及は進んでおらず、混乱の解消には至っていない。
IEC規格でない旧来の2進接頭辞とSI接頭辞の使い分けは分野や場合によっては曖昧で混乱しており、キロがSI接頭辞の1000であるか2進接頭辞の1024であるかはそれだけではわからない事もある。キロでは双方の差は約2%だが、メガで約5%、ギガで約7%、テラで約10%と乗数が大きくなるにつれその差も大きくなる。俗に、1024にはkではなくKを用い、「ケー」と称するという流儀もある。
 
IEC 60027-2:2005によりSI接頭辞とは異なる名称と記号を持つ2進接頭辞が導入されたことを受け、国際単位系 (SI) 国際文書第8版(2006年)では、SI接頭は10の整数乗を表すことを改めて強調した上で、SI接頭を決して2の冪乗を表すために用いてはならないとしている。ただし、IEC 60027-2:2005の2進接頭辞はSIには属さない。
 
一般に[[Random Access Memory|RAM]]や[[Read Only Memory|ROM]]など[[半導体メモリ]]の容量は2進接頭辞を使う。1キロバイト=1024バイト、1メガバイト=1024キロバイトである。