「酸と塩基」の版間の差分

編集の要約なし
m
== 定義 ==
=== アレニウスの定義 ===
[[1884年]]に[[アレニウス]]が提唱した定義では、[[水]] H<sub>2</sub>O に溶けると、[[陽子|プロトン]] H<sup>+</sup>(実は、水と結合した[[ヒドロニウムイオン]](水素イオン)であることが今日知られているが、一般に水溶液中の水素イオンをプロトンと呼び、 H<sup>+</sup> と書くのは許されている。このページではプロトンと呼称することにする)濃度を高める[[物質]]を'''酸'''、[[水酸化物イオン]] OH<sup>&minus;</sup> 濃度を高める物質を'''塩基'''という。すなわち、酸は[[水溶液]]中で酸はプロトンを、塩基は水酸化物イオンを ''生じる'' ということである。この定義における酸に当てはまる物質を'''アレニウス酸'''、塩基に当てはまる物質を'''アレニウス塩基'''と呼ぶ。プロトンとか水酸化物イオンとかを生じる物質には2種類あり、[[電離]]に依るものと依らないものである。
 
電離に依るアレニウス酸、塩基について説明する。アレニウス酸を HA、アレニウス塩基を ROH とする。HA とはプロトンH<sup>+</sup> と任意の物質 A<sup>&minus;</sup> との、ROH とは水酸化物イオン OH<sup>&minus;</sup> と任意の物質 R<sup>+</sup> との化合物である(下図参照)。水に溶けるとアレニウス酸は H<sup>+</sup> と A<sup>&minus;</sup> とに、アレニウス塩基は R<sup>+</sup> と OH<sup>&minus;</sup> とに分解する。つまり、電離によって、H<sup>+</sup> あるいは OH<sup>&minus;</sup> を生じる。
匿名利用者