「原種良」の版間の差分

編集の要約なし
({{subst:Sakujo|原種良 20140708}})
| Cleanup = 2014-07
}}
'''原 種良'''(はら たねよし )は、日本の武士。[[黒田二十四騎]]の一人<ref>{{cite web|url=http://museum.city.fukuoka.jp/archives/leaflet/425/|title=黒田二十四騎展4 官兵衛を支えた男たち - 福岡市博物館|accessdate=2014-07-07}}</ref>。伊予守
 
[[黒田二十四騎]]の一人<ref>{{cite web|url=http://museum.city.fukuoka.jp/archives/leaflet/425/|title=黒田二十四騎展4 官兵衛を支えた男たち - 福岡市博物館|accessdate=2014-07-07}}</ref>。伊予守。
 
出生に関しては研究が進んでおらず、{{要出典範囲|[[豊前]]の国、[[宝珠山]]に伝承が残り、そこが出身地とされている。|date=2014-07-08}}
{{要出典範囲|豊臣秀吉が九州を平定して後、[[黒田官兵衛]]が豊前に秀吉から領地を与えられ、家臣となります。|date=2014-07-08}}
 
{{要出典範囲|豊臣秀吉が[[九州平定|九州を平定]]して後、[[黒田官兵衛]]が豊前に秀吉から領地を与えられた際、家臣となりますった<ref name="kuroda24"/>|date=2014-07-08}}
{{要出典範囲|[[朝鮮の役]]に官兵衛軍として出兵。|date=2014-07-08}}
 
{{要出典範囲|[[朝鮮の役]]に従軍、[[関ヶ原の戦い]]では、豊前安岐城の戦いで功を上げ、加増された。|date<ref name=2014-07-08}}"kuroda24"/>。
 
{{要出典範囲|官兵衛の死後は、永く長政に仕える。|date=2014-07-08}}
 
{{要出典範囲|[[福岡市]][[博多区]]順心寺にお墓がある<ref name="kuroda24">{{cite web|url=http://kuroda24.com/kuroda24kitoha/hara/ |title=黒田二十四騎ガイド |publisher=kuroda24.com |dateaccessdate=2014-07-0813 }}</ref>。
 
[[連歌]]をたしなみ、寡黙で実直な人物であった<ref>{{cite web|url=http://rkb.jp/fukuoka_chronicle/2014/03/ |title=第24話「原弥左衛門種良&竹森新右衛門次貞」 |publisher=[[RKB毎日放送]] |accessdate=2014-07-13 }}</ref>。
 
==脚注==