「小澤寅吉」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
 
== 生涯 ==
水戸藩士小澤多久衛門篤行の子として水戸田見小路(現北見町)に出生。水戸藩に仕えた[[千葉周作]]の下で剣術の修行を積んだという。その後水戸藩校・[[弘道館]]の剣術方教授を務め、[[藤田東湖]]ら[[水戸学]]学者と親交を持った。
 
[[廃藩置県|廃藩]]後、日本伝統の士風の衰頽を憂い、[[明治]]7年([[1874年]])1月1日、自邸に道場「東武館」を開く。[[北辰一刀流|北辰一刀流剣術]]、[[新田宮流|新田宮流抜刀術]]を指南し、門下から[[内藤高治]]、[[門奈正]]らを輩出した。