「正則行列」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (標数のことを考えて例に条件を追加ほか)
m
 
== 例 ==
次の[[複素数]]体<ref>この例の場合は体の[[標数]]が {{math|2}} でなければ何でもよい</ref>の元を成分にもつ行列 {{mvar|A}}、{{mvar|B}} を考える。
:<math>
A=
</math>
 
== 必要十分条件特徴づけ ==
{{mvar|n}} 次[[正方行列]] {{mvar|A}} に対して次は同値である。
{{div col|cols=2}}