「ゼロ・グラヴィティ」の版間の差分

m
Infobox作ってきます
(特許の書き方についてヘルプで確認してくるので一旦保存。別タブで調べてると再読み込みしてしまうので。)
m (Infobox作ってきます)
{{redirectotheruses|ゼロ[[マイケルグラビティジャクソン]]のダンスパフォーマンス|映画作品|ゼロ・グラビティ (映画)}}
'''ゼロ・グラヴィティ<ref group="注釈">ファンの間で自然発生的に出来た呼称であり、'''正式名称ではない'''。</ref>'''(Zero Gravity、{{patent|US|5255452|"Method and means for creating anti-gravity illusion."|[[マイケル・ジャクソン]]US 5255452[[マイケル・ブッシュ]]、[[ダニエル・トンプキンス]]}} A)は[[マイケル・ジャクソン]]のダンスパフォーマンスである。
 
マイケルはこのパフォーマンスの為に国際特許を取得している<ref>{{Cite web|url=http://www.google.com/patents/US5255452|title=Method and means for creating anti-gravity illusion|accessdate=2014-7-16}}</ref>。
 
== 概要 ==
[[1988年]]の映画『[[ムーンウォーカー (映画)|ムーンウォーカー]]』の一場面において、楽曲[[スムーズ・クリミナルSmooth Criminal]]で初披露。当時はまだ特許バックに取得して披露されていおらず、体をチェーンで吊り下げというものだった
直訳すると、[[無重力]]である。
 
同時期のツアー[[Bad World Tour]]ではこのパフォーマンスは行われなかった。
[[1988年]]の映画『[[ムーンウォーカー (映画)|ムーンウォーカー]]』の一場面において、楽曲『[[スムーズ・クリミナル]]』をバックにして披露されている。
 
[[Dangerous World Tour]]、[[HIStory World Tour]]では特許を取得し、生でパフォーマンスが行われた。
==ゼロ・グラヴィティのやり方==
 
== 仕組み ==
# 靴をフックに引っ掛ける。
# 床から45度の角度になるように体を倒す。
# フックから靴をはずす。
これをやるには、[[フック]]とフックにかける靴、腹筋が必要であり、とても腹筋が強くないと起き上がることは難しい。
 
実際、オーディションではこのパフォーマンスが出来ず落選したバックダンサーも多い。
 
そのため、マイケルは[[トイレ]]でこの練習をしていたと言われている<ref name = マイケル・ジャクソン THIS IS IT>2010年12月24日放送『[[マイケル・ジャクソン THIS IS IT]]』</ref>。
 
== 出典脚注 ==
=== 出典 ===
{{Reflist}}
=== 注釈 ===
{{Reflist|group="注釈"}}
{{マイケル・ジャクソン}}
{{DEFAULTSORT:せろくらういてい}}
2,176

回編集