メインメニューを開く

差分

ルビコン川

2,110 バイト追加, 4 年前
編集の要約なし
|河口={{ITA}} [[ガッテーオ|ガッテーオ・ア・マーレ]]([[アドリア海]])
}}
'''ルビコン川'''({{lang|-la|'''Rubicon'''}})は、[[イタリア]]北東部の[[エミリア=ロマーニャ州]]を流れ、[[アドリア海]]に注ぐ[[川]]。[[共和政ローマ]]末期にはイタリア本土と属州の境界とされており、「ルビコン川を渡るという成語は[[ラテン語ユリウス・カエサル]]での呼び名であり、現代[[イタリア語賽は投げられた]]では'''ルビコーネ川'''({{lang|it|'''Rubicone'''}})呼ばいう言葉とともに知られている。
 
現代の[[イタリア語]]では'''ルビコーネ川'''({{lang|it|'''Rubicone'''}})と呼ばれ、[[サヴィニャーノ・スル・ルビコーネ]]付近でアドリア海に注いでいる。ただし、古代以来河道の変化などが生じているため、カエサルが渡った「ルビコン川」がどの川にあたるのかについては論争がある<ref name="47-Rubicon">{{cite web|url=http://www.47news.jp/47topics/river/2013/10/243048.html|title=どれが本物? 続く論争 「さいは投げられた」  歴史のロマン駆り立てる|work=47トピックス 世界川物語|publisher=47NEWS|accessdate=2014-07-16}}</ref>。
[[古代ローマ]]の[[ユリウス・カエサル]]の言葉「[[賽は投げられた]]」で有名だが、その歴史的著名度に比べて大河ではない。
 
== 地理 ==
ルビコーネ川は[[アペニン山脈]]に源を発し、[[エミリア=ロマーニャ州]]の南部を流れる。リゾート地として開発されているガッテーオ・ア・マーレ([[ガッテーオ]]の分離集落)とサヴィニャーノ・ア・マーレ([[サヴィニャーノ・スル・ルビコーネ]]の分離集落)の間で[[アドリア海]]に注ぐ。全長は50キロ弱と、それほど長くはない川である。
 
一時は乱開発が進んだことなどにより、[[エミリア=ロマーニャ州]]で最も汚れた川の一つに数えられていたが、現在ではきれいになっている。
 
== 歴史 ==
=== 古代ローマの「ルビコン川」 ===
[[共和政ローマ|共和政]]末期の[[古代ローマ]]においては、東端のルビコン川と西端の[[アルノ川]]を結ぶラインが[[イタリア本土 (古代ローマ)|イタリア本土]]と属州[[ガリア・キサルピナ]]の境界線の役割を果たしていた。[[ローマ軍団|軍団]]を連れてこの川を越え南下することは法により禁じられており、その南下行為はすなわち共和国に対する反逆とみなされた。
 
一般にルビコン川の名前は、[[紀元前49年]][[1月10日]]、[[ローマ内戦 (紀元前49年-紀元前45年)|ローマ内戦]]において[[ユリウス・カエサル]]が軍を率いてこの川を渡った故事で知られる。この際に「'''[[賽は投げられた]]'''」({{lang|la|'''Alea jacta est'''}}, アーレア・ヤクタ・エスト)と檄を発したことは余りにも有名である。以来、「ルビコン川を渡る」は、以後の運命を決め後戻りのできないような重大な決断と行動をすることの例えとして使われている。
 
=== ルビコン川論争 ===
その後の歴史の中で河道の変化などが生じ、カエサルが渡ったルビコン川がこの地域のどの川にあたるのかはわからなくなった<ref name="47-Rubicon" />。「ルビコン川」の比定をめぐる論争は17世紀頃から活発化した<ref name="47-Rubicon" />。「ルビコン川」の候補には、[[サヴィニャーノ・スル・ルビコーネ|サビニャーノ・ディ・ロマーニャ]]を流れるフィウミチーノ川(現在のルビコーネ川)、[[チェゼーナ]]を流れるピシャテッロ川、[[リミニ]]を流れるウーゾ川などがあり、それぞれに論拠を挙げての「ルビコン川」争いが繰り広げられた<ref name="47-Rubicon" />。
 
1933年8月、[[ベニート・ムッソリーニ]]は「外国からの訪問客に位置を聞かれても答えられない」ために<ref name="47-Rubicon" />、政令によってフィウミーチノ川を「ルビコーネ川」と改称した<ref name="47-Rubicon" />。またサビニャーノ・ディ・ロマーニャの町名もサヴィニャーノ・スル・ルビコーネに改称されている<ref name="47-Rubicon" />。しかしムッソリーニによる裁定には、従来からの論争に対する新たな裏付けがあったわけではなく<ref name="47-Rubicon" />、第二次世界大戦後に「本物のルビコン川」をめぐる論争がかえって紛糾する一因となっている<ref name="47-Rubicon" />。
 
== 文化・観光 ==
右には石造りの橋があり、修復されているが、川へ降りて橋をよく見るとアーチの根本部分に、古代の石積みが保存されている。下流は湿地帯だが、さかのぼるにつれて川岸もしっかりとしてくる。サヴィニャーノ付近は峡谷状で両岸は岩である。カエサルの軍が橋を架けるのも容易だったと思える。
 
カエサルの像は地元の研究者や[[ロータリークラブ]]が立てたもので、確証はないがカエサルはこの橋を渡った可能性が強いと考えられている。
 
{{gallery
|File:Bronzo a giulio cesare sul fiume rubicone.JPG|カエサルのブロンズ像(Stefano Bolognini撮影)
}}
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
{{Commons|Category:Rubicone}}
36,134

回編集