メインメニューを開く

差分

ルビコン川

1,079 バイト追加, 4 年前
編集の要約なし
{{Infobox 河川
|名称=ルビコーネ
|画像=[[ファイル:LocationRubicon.PNG|220px|ルビコン川の流路(青線)]]<br/>ルビコン川の流路(青線)
|標高=250
 
=== ルビコン川論争 ===
その後の歴史の中で河道の変化などが生じ、カエサルが渡ったルビコン川がこの地域のどの川にあたるのかはわからなくなった<ref name="47-Rubicon" />。「ルビコン川」の比定をめぐる論争は17世紀頃から活発化した<ref name="47-Rubicon" />([[イタリア語版ウィキペディア]]には独立項目「[[:it:Localizzazione dell'antico Rubicone|Localizzazione dell'antico Rubicone]]」がある)。「ルビコン川」の候補には、[[サヴィニャーノ・スル・ルビコーネ|サビニャーノ・ディ・ロマーニャ]]を流れるフィウミチーノ川(現在のルビコーネ川)、[[チェゼーナ]]を流れるピシャテッロ川{{enlink|Pisciatello||it}}、[[リミニ]]を流れるウーゾ川{{enlink|Uso (fiume)||it}}などがあり、それぞれに論拠をげての「ルビコン川」争いが繰り広げられた<ref name="47-Rubicon" />。21世紀初頭の時点で主張されている「論拠」としては以下のようなものがある
 
;フィウミチーノ川(現在のルビコーネ川)
:*3世紀に作成され中世に模写された正確性の高い地図では、サビニャーノの近くに「ルビコン川」が描かれている<ref name="47-Rubicon" />。
;ピシャテッロ川
:*[[ボッカチオ]]が「かつてルビコンと呼ばれたピシャテッロ」と書き残している<ref name="47-Rubicon" />。
:*チェゼーナには、ルビコンのほとりにあったことを示す名を持つ教会がある<ref name="47-Rubicon" />。
:*川の別名「ウルゴン」は、「ルビコン」が転訛したものと推測される<ref name="47-Rubicon" />。
;ウーゾ川
:*[[アウグストゥス]]時代に建てられた巨大な橋の遺跡があるが、これは記念碑的なものと推測される<ref name="47-Rubicon" />。
 
1933年8月、[[ベニート・ムッソリーニ]]は「外国からの訪問客に位置を聞かれても答えられない」ために<ref name="47-Rubicon" />、政令によってフィウミーチノ川を「ルビコーネ川」と改称した<ref name="47-Rubicon" />。またサビニャーノ・ディ・ロマーニャの町名もサヴィニャーノ・スル・ルビコーネに改称されている<ref name="47-Rubicon" />。しかしムッソリーニによる裁定には、従来からの論争に対する新たな裏付けがあったわけではなく<ref name="47-Rubicon" />、第二次世界大戦後に「本物のルビコン川」をめぐる論争がかえって紛糾する一因となっている<ref name="47-Rubicon" />。
36,103

回編集