メインメニューを開く

差分

 
=== ルビコン川論争 ===
その後の歴史の中で河道の変化などが生じ、カエサルが渡ったルビコン川がこの地域のどの川にあたるのかはわからなくなった<ref name="47-Rubicon" />。「ルビコン川」の比定をめぐる論争は17世紀頃から活発化した<ref name="47-Rubicon" />([[イタリア語版ウィキペディア]]には独立項目「[[:it:Localizzazione dell'antico Rubicone|Localizzazione dell'antico Rubicone]]」がある)。「ルビコン川」の候補には、[[サヴィニャーノ・スル・ルビコーネ|サビニャーノ・ディ・ロマーニャ]](現在のサヴィニャーノ・スル・ルビコーネ)を流れるフィウミチーノ川(現在のルビコーネ川)、[[チェゼーナ]]を流れるピシャテッロ川{{enlink|Pisciatello||it}}、現在の[[フォルリ=チェゼーナ県]]と[[リミニ県]]との県境付近を流れるウーゾ川{{enlink|Uso (fiume)||it}}などが挙げられる<ref name="47-Rubicon" />。21世紀初頭の時点で主張されている「論拠」としては以下のようなものがある
 
「ルビコン川」の比定をめぐる論争は17世紀頃から活発化した<ref name="47-Rubicon" />。「ルビコン川」の候補には、[[サヴィニャーノ・スル・ルビコーネ|サビニャーノ・ディ・ロマーニャ]](現在のサヴィニャーノ・スル・ルビコーネ)を流れるフィウミチーノ川(現在のルビコーネ川)、[[チェゼーナ]]を流れるピシャテッロ川{{enlink|Pisciatello||it}}、現在の[[フォルリ=チェゼーナ県]]と[[リミニ県]]との県境付近を流れるウーゾ川{{enlink|Uso (fiume)||it}}などが挙げられる<ref name="47-Rubicon" />。21世紀初頭の時点で主張されている「論拠」としては以下のようなものがある。
 
;フィウミチーノ川(現在のルビコーネ川)
:*3世紀に作成され中世に模写された正確性の高い地図([[:en:Tabula Peutingeriana|Tabula Peutingeriana]])では、サビニャーノの近くに「ルビコン川」が描かれている<ref name="47-Rubicon" />。
;ピシャテッロ川
:フィウミチーノ川の北西に並行するして[[チェゼーナ]]を流れ、河口近くでフィウミチーノ川に合流しアドリア海に注ぐ。
:*[[ボッカチオ]]が「かつてルビコンと呼ばれたピシャテッロ」と書き残している<ref name="47-Rubicon" />。
:*チェゼーナには、ルビコンのほとりにあったことを示す名を持つ教会がある<ref name="47-Rubicon" />。
:*川の別名「ウルゴン」は、「ルビコン」が転訛したものと推測される<ref name="47-Rubicon" />。
;ウーゾ川
:フィウミチーノ川の南東に並行するし、[[ベッラーリア=イジェーア・マリーナ|ベッラーリア]]でアドリア海に注ぐ。
:*[[アウグストゥス]]時代に建てられた巨大な橋の遺跡があるが、これは記念碑的なものと推測される<ref name="47-Rubicon" />。
 
|height=180
|lines=3
|File:Fiume rubicone by stefano Bolognini.JPG|河口部の[[ベッラーリア=イジェーア・マリーナ|ベッラーリア]]におけるウーゾ
|File:Fiume rubicone 1 by Stefano Bolognini.JPG|[[ベッラーリア=イジェーア・マリーナ|ベッラーリア]]に架かる橋(Stefano Bolognini撮影)
|File:Bronzo a giulio cesare sul fiume rubicone.JPG|カエサルのブロンズ像(Stefano Bolognini撮影)
36,505

回編集