メインメニューを開く

差分

 
== 地理 ==
ルビコーネ川は[[アペニン山脈]]に源を発し、[[エミリア=ロマーニャ州]]南東部の[[フォルリ=チェゼーナ県]]内を流れて[[アドリア海]]に注ぐ、全長30キロメートル弱のさして長くはない川である。下流域の町[[サヴィニャーノ・スル・ルビコーネ]]付近においても、川幅も狭いところで川幅1メートル、広いところでも5メートル程度と、歴史的な知名度のわりには小さな川である<ref name="47-Rubicon" />。
 
水源は[[ソリアーノ・アル・ルビコーネ]]にあり、サヴィニャーノ・スル・ルビコーネの集落付近を通過して、ガッテーオ・ア・マーレ([[ガッテーオ]]の分離集落)とサヴィニャーノ・ア・マーレ([[サヴィニャーノ・スル・ルビコーネ]]の分離集落)の間が河口となっいる[[アドリア海]]に注ぐ河口両側のガッテーオ・ア・マーレとサヴィニャーノ・ア・マーレは、リゾート地として開発されている。
 
一時は乱開発が進んだことなどにより、[[エミリア=ロマーニャ州]]で最も汚れた川の一つに数えられていた。
37,108

回編集