「正義は勝つ」の版間の差分

m
大手法律事務所に務める敏腕[[弁護士]]が新米弁護士との出会いを経て、自分の父を死に追いやった巨大な陰謀と戦うシリアスな社会派ドラマ。
 
「[[振り返れば奴がいる]]」で金に汚いニヒルな悪徳医師を、「[[お金がない!]]」で貧乏に負けず逞しく生きる青年をコミカルに熱演した[[織田裕二]]が主演。このドラマの後、「[[踊る大捜査線]]」で陽気でお調子者の主人公・[[青島俊作]]を演じ不動の人気を獲得した織田だが、本作は「振り返れば-」や後年の「[[外交官・黒田康作]]」シリーズに通じる一筋縄ではいかない陰のあるキャラクターを演じている。案件に応じて“悪”にも“善”にもなる難しい役所だが、終始ブレないことで説得力を持たせている。
 
初のヒロイン役となった[[鶴田真由]]、親友役の[[段田安則]]をはじめ、[[室井滋]]、[[谷啓]]など脇役陣も[[TVドラマ]]や[[邦画]]で息の長い活躍を見せる実力派揃い。また、ゲストとして[[余貴美子]]も出演している。(第5話)
随所で[[トレンディードラマ]]仕立ての軽めの演出もされているが、全体的にはシリアスで重い。難解な[[法律用語]]が詳細な説明なしに飛び交い、一般人には判りづらい[[民事裁判]]の展開をリアルなタッチで描いている。
 
また、各話のラストシーンから織田が歌うエンディングが流れ出すスタイルは前作「お金がない!」から継承され、次作「踊る大捜査線」へと繋がっている。
 
==あらすじ==
9,477

回編集