「ウィレム1世 (オランダ王)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
プロイセン軍に参加していたウィレムは[[1806年]]のイエナ・アウエルシュタット戦役のうちの[[アウエルシュタットの戦い]]で戦ったのち、その2日後に[[エアフルト]]をフランス軍に明け渡した。この重要な町のあっけない降伏に関して、後の調査委員会で大きな問題とされたが、義理の兄となっていたプロイセン国王[[フリードリヒ・ヴィルヘルム3世 (プロイセン王)|フリードリヒ・ヴィルヘルム3世]]が介入したため、処罰を免れた<ref>Hofschröer 『1815 THE WATERLOO CAMPAIGN: Wellington, His German Allies and the Battles of Ligny and Quatre Bras』 P21</ref>。
 
[[1813年]]にフランス軍の撤退後、オランダに帰還し、臨時政府から「君主」([[プリンス]])の称号を受けた。[[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン]]失脚後の[[1815年]]、[[ウィーン会議]]により、[[18世紀]]まで共和制を布いていたオランダと[[ハプスブルク=ロートリンゲン家|ハプスブルク家]]の領土だった[[南ネーデルラント]]を併せて[[立憲君主制|立憲君主国]]オランダ王国([[ネーデルラント連合王国]])が成立すると、初代国王に即位した。また、[[ナッサウ家]]の古くからの所領であった[[ラインラント]]の[[ナッサウ]]、ディレンブルク、ディーツなどの所領が[[プロイセン王国|プロイセン]]領に併合されるのと引き換えに、[[ルクセンブルク大公]]を兼ねることとなった。
 
ウィレム1世は「開明的専制君主」「遅れてきた啓蒙専制君主」「商人王」などと評される。彼は保守派のブルジョワジーや旧都市貴族を支えとして政治権力を独占していた。南北[[ネーデルラント]]は20年に及ぶ動乱のもとで経済活動が混乱しており、その建て直しが求められていた。そのため、ウィレム1世は商工業の積極的な振興に力を注いだ。また、200年にわたって分かたれてきた南北ネーデルラントの統合を推し進めようとした。しかし統合は破綻し、[[1830年]]に[[フランス7月革命]]の余波で[[ブリュッセル]]でも暴動が起こり、[[ベルギー独立革命]]へと発展した。結果、[[ベルギー]]は独立して[[ザクセン=コーブルク=ゴータ家]]の[[レオポルド1世 (ベルギー王)|レオポルド1世]]を国王を迎えた。ウィレム1世は失意のうちに[[1840年]]、退位して息子の[[ウィレム2世 (オランダ王)|ウィレム2世]]に王位を譲り、[[1843年]]に死去した。
匿名利用者