メインメニューを開く

差分

 
==概要==
この事件は2008年9月から2009年2月にかけて、東京[[銀座]]の都中央区にある「銀座眼科」でレーシック手術を受けた患者のうち、かなりの高い割合で感染性角膜炎などを発症したこと。その中には入院した被害者も2人いた。同院では破格の安値でレーシック手術を行っていたが、その代償として衛生管理を十分にしていなかったとして2010年12月7日、[[警視庁]]は銀座眼科の溝口朝雄元院長を[[業務上過失傷害]]の容疑で逮捕した。その後、7人に不正乱視や角膜混濁など[[後遺症]]が出る細菌性角膜炎を発症させたとして起訴した。
 
==裁判経過==