「オーラルセックス」の版間の差分

m
 
== 場面 ==
オーラルセックスは、[[性行為]]の[[前戯]]としての役割が強く、ベッドなど性交が行われる場所でその延長線上的に行われることが多い。そのためフェラチオやイラマチオをする場合の際、男性が射精することはあまり多くはない。男性が[[早漏]]であったり、オーラルセックスを行う人側の唇や舌や口腔の駆使の仕方が巧みであったりして偶発的に射精してしまうことはある。
 
[[吉行淳之介]]の小説『夕暮まで』(1978年)では、オーラルセックスは許すが、性交は許さないという処女の女性が主人公である。