「朝倉氏」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
== 概要 ==
但馬には、[[開化天皇]]の後裔<ref>『越州軍記』</ref>とも[[孝徳天皇]]の後裔<ref>『朝倉始末記』</ref>とも伝わる[[日下部氏]](くさかべし)が、平安時代から大武士団を形成し栄えていた。朝倉氏は、この日下部氏の流れをくむ氏族のひとつである。
但馬には、源平時代以前の大武士団である日下部氏が栄えていた。朝倉氏の[[本貫]]は[[但馬国]]養父郡'''朝倉'''([[兵庫県]][[養父市]])であり、但馬朝倉氏は[[日下部氏|日下部]](くさかべ)の[[嫡流]]であったが、越前の朝倉氏自体は但馬の朝倉氏の一族にあたる。『越州軍記』によると[[開化天皇]]、『朝倉始末記』によると[[孝徳天皇]]の後裔と記されている。
 
朝倉氏の[[本貫]]は[[但馬国]]養父郡'''朝倉'''([[兵庫県]][[養父市]])である。但馬朝倉氏から分かれ越前に移った系統が越前朝倉氏である。
日下部一族には他に、山陰最大の守護大名'''[[山名氏]]'''の家老職である[[太田垣氏]]・[[八木氏]]・[[田公氏]]などがある。とくに[[太田垣氏]]・[[八木氏]]は山名氏の分国の守護代を勤めて山陰道・山陽道で栄えた。
 
日下部氏の流れをくむ氏は他に、山陰最大の守護大名'''[[山名氏]]'''の家老職である[[太田垣氏]]・[[八木氏]]・[[田公氏]]などがある。とくに[[太田垣氏]]・[[八木氏]]は山名氏の分国の守護代を勤めて山陰道・山陽道で栄えた。
=== 但馬朝倉氏 ===
[[平安時代]]末期に朝倉宗高が但馬国養父郡朝倉に住し、はじめて朝倉氏を称したとされる。
 
=== 但馬朝倉氏 ===
伝説では、宗高の子・高清は[[平家]]に与したことで[[鎌倉時代]]に領地を没収されたが、関東で誰も退治できなかった白猪を射て退治した功績により、[[源頼朝]]より領地の安堵と木瓜紋を賜ったとされる。その後、朝倉氏は朝倉城を築き、代々この城に拠った。
[[平安時代]]末期に朝倉日下部宗高が但馬国養父郡朝倉に住し、はじめて朝倉氏を称したとされる。
 
伝説では、宗高の子・朝倉高清は[[平家]]に与したことで[[鎌倉時代]]に領地を没収されたが、関東で誰も退治できなかった白猪を射て退治した功績により、[[源頼朝]]より領地の安堵と[[木瓜紋]]を賜ったとされる。その後、朝倉氏は朝倉城を築き、代々この城に拠った。通し字は「'''高'''」
 
高清の長男・安高は八木氏を興し、次男の信高が朝倉氏を継いだが、[[承久の乱]]で信高は敗れた京方に付いたため朝倉氏は衰退した。このため八木安高の孫・高実が朝倉氏を継いだ。
[[室町時代]]には但馬守護の山名氏に仕えたが、戦国時代に[[織田信長]]に敗れた。
 
=== 越前朝倉氏 ===
越前朝倉氏は、南北朝時代に越前国[[守護]]'''[[斯波氏]]'''に仕えた朝倉広景から始まる。越前朝倉氏は[[甲斐氏]]、[[織田氏]]と共に斯波三守護代の第二席となり、のちに守護代三家で斯波氏領国三国を分けることになる。後に朝倉氏自体が守護に任命されるようになった。通し字は「'''景'''」。
 
[[室町時代]]には[[朝倉孝景 (7代当主)|朝倉孝景]](英林孝景)が[[守護代]][[甲斐常治]]とともに主である[[斯波義敏]]と対立し、[[足利将軍家]]の家督争いなどから発展した[[応仁の乱]]では[[山名宗全]]率いる西軍から[[細川勝元]]率いる東軍に属し、越前から甲斐氏を追う。朝倉孝景は越前国守護に取り立てられ[[一乗谷城]]に拠った。孝景は[[分国法]]である『[[朝倉孝景条々|朝倉敏景十七ヶ条]]』を制定した。
越前朝倉氏の一族とされる[[朝倉在重 (河内守)|朝倉在重]]が徳川家に仕え、子の[[朝倉宣正|宣正]]は[[徳川忠長]]の[[附家老]]・[[掛川城]]主になるが、忠長の[[改易]]に連座して宣正も改易となった。宣正の弟の家は江戸幕府[[旗本]]として存続した。
 
=== 家伝系譜 ===
[[開化天皇]] - [[彦坐王]] - 船穂足尼 - 豊忍別乃君 - 島根尼君 - 太尼牟古乃君 ‐‐‐ [[日下部表米]] - 荒嶋 ‐‐‐ [[日下部利実|利実]] - [[日下部用樹|用樹]] - [[日下部蕃在|蕃在]] - [[日下部親泰|親泰]] - [[日下部広佐|広佐]] - [[日下部佐晴|佐晴]] - [[朝倉宗高]] - [[朝倉高清]] - [[八木安高]] - [[八木高吉]] - [[朝倉高実]] - [[朝倉高景(鎌倉時代)|朝倉高景]] - [[朝倉高資]] - [[朝倉広信]] - [[朝倉広景]] - [[朝倉高景]] - [[朝倉氏景 (3代当主)|朝倉氏景]] - [[朝倉貞景 (4代当主)|朝倉貞景]] - [[朝倉教景]] - [[朝倉家景]] - [[朝倉孝景 (7代当主)|朝倉孝景]] - [[朝倉氏景 (8代当主)|朝倉氏景]] - [[朝倉貞景 (9代当主)|朝倉貞景]] - [[朝倉孝景 (10代当主)|朝倉孝景]] - [[朝倉義景]]
 
=== 越前朝倉氏歴代当主 ===
* [[朝倉広景]]【一】
* [[朝倉高景]]【二】
* [[朝倉義景]]【十一】
 
=== 一族越前朝倉氏系図 ===
(不明な点も多く諸説あり)
 
:* [[朝倉信景]]
 
=== 主要家臣団 ===
* [[溝江景逸]]
* [[青木景忠]]
* 伊部 某(?):近年、[[一乗谷城]]遺跡の平井地区にある武家屋敷の井戸の中から[[木簡]]及び遺物出土。
 
=== 主要関係者 ===
'''【広景(初代)~貞景(4代)】'''
* [[足利尊氏]]