「七経」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
もっとも漢代においても、論語や孝経の代わりに[[周礼]]・[[儀礼]]を入れる方法も行われていた。[[宋 (王朝)|宋]]の[[劉敞]]は『七経小伝』の中で詩経・書経・春秋・周礼・儀礼・礼記・論語をもって七経とし、[[清]]の[[康熙帝]]による『御纂七経』の中では易経・詩経・書経・春秋・周礼・儀礼・礼記を七経とし、清の[[戴震]]は『七経小記』の中において詩経・書経・易経・礼記・春秋・論語・[[孟子]]をもって七経とした。
 
日本では[[大学寮]]の[[釈奠]]の中で孝経・礼記・詩経・書経・論語・易経・春秋(ただし、実際は[[春秋左氏伝|左氏伝]])の順番で毎回講読を行う[[七経輪転講読]]が行われていた。ただし、日本の儒学者の間でも七経の定義については議論があり、[[江戸時代]]に[[山井崑崙]]が『七経孟子文』の中で詩経・書経・易経・礼記・春秋左氏伝・論語・孝経を七経として別に孟子と併せた。同じく[[中井履軒]]も『七経逢原』の中で詩経・書経。易経・春秋左氏伝・論語・[[中庸]]・孟子を七経としていた。
 
== 参考文献 ==